「ホイッスリング・バードは複数の敵に対する強力な防御策となる。貴重なものだから扱いは慎重に」
アーマラー[出典]

ホイッスリング・バード、“さえずる鳥”(Whistling bird)はマンダロリアンが使用する武器の一種である。

特徴

ホイッスリング・バードはマンダロリアン・ヴァンブレイスの中に仕込まれる爆発性の小型誘導弾であり、ベスカー合金を用いて制作された。一度に複数発射され、口笛のような音を立てて自動で標的に向かって飛ぶため、複数の敵に対する有力な防衛手段となったが、貴重であるため使い所を見極める必要があった。[1]

歴史

9 ABY、“ザ・チャイルド”を生け捕りにする任務に成功した賞金稼ぎの“マンダロリアン”は、報酬としてカムトノに入った大量のベスカーをクライアントから受け取った。彼はこのベスカーをアーマラーに差し出し、装甲服とホイッスリング・バードを作ってもらった。のちにマンダロリアンは賞金稼ぎの掟に背くことを承知でザ・チャイルドの強奪に出向き、手に入れたばかりのホイッスリング・バードで4人のストームトルーパーを同時に撃退した。[1]

ファースト・オーダー=レジスタンス戦争終盤の35 ABY当時、惑星キジーミキジーミ・シティに滞在していたエイリアンの賞金稼ぎ、ケイリブ・ディスがホイッスリング・バードを装備していた。[2]

登場エピソード

ホイッスリング・バードを使う“マンダロリアン”のコンセプト・アート

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。