Fandom


「アーソン、ホスラ…私には専門外だけど、テッカが行きそうな場所ばかりだわ」
レイア・オーガナ[出典]

ホスラ(Hosra)はアウター・リム・テリトリーアノート宙域バーニン・コン星系の第4軌道を周回していた農業惑星である。ホスラには貴重な鉱物や主要燃料源が全く存在しなかった。

かつてホスラにはとある貴族一家が住んでいたが、銀河内戦の時代には姿を消していた。この一家がまだホスラに隠れ住んでいるのではないかと考える者もいたが、それを裏付ける証拠は無かった。

アノート宙域に鉄の封鎖が敷かれた頃、フォースを信奉する“アドバイザーズ”のメンバー、マスター・ジアースとその弟子アムロジオがホスラに住んでいた。彼らは宙域の支配者であるノーブル・コートを手助けし、銀河共和国からの独立維持や、銀河帝国との戦いに貢献していた。

数十年後、レジスタンスの助けを借りてメガロックス刑務所脱獄したグラッカス・ザ・ハットは、探検家ロア・サン・テッカに関する情報をレイア・オーガナに提供した。そのデータの中には、テッカの訪問地と思われるホスラやアーソンといった惑星名が記載されていた。

登場エピソード

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。