Fandom


「船長、小惑星帯を通り抜けられる確率は、およそ3720分の1です!」
「確率など知ったことか!」
C-3POハン・ソロ[出典]

ホス小惑星帯(Hoth asteroid belt)はアノート宙域惑星ホスの近くに位置し、ホス星系アノート星系の境界線を取り巻く小惑星帯である。[2] この領域は何百万という小惑星からなり、規模は大小さまざま、中には小さな衛星ほどのものまであった。小惑星のうち3分の2はYT-1300軽貨物船ほどのスターシップを衝突で破壊できるほど巨大であり[5]主力艦にとっても脅威となりえた。またこの領域にはエクソゴースなどのクリーチャーも棲息していた。[2]

歴史

Hoth Asteroid Belt TESB

ホス小惑星帯

3 ABYに発生したホスの戦いの直後、反乱同盟宇宙船ミレニアム・ファルコン>はハイパードライブの故障でホス星系から脱出することができず、やむを得ずホス小惑星帯へ逃げ込んだ。[2] 銀河帝国CR978JA189OL701NA811らが操縦する[6] TIEファイターを追跡に送り出したが、彼らはひとりとして小惑星帯内の危険な航行を生き延びることができなかった。その後<ファルコン>は大きな小惑星に隠れて敵をやり過ごそうとしたが、ダース・ヴェイダー率いるデス小艦隊は捜索を諦めず、TIEボマーの爆撃で<ファルコン>をあぶり出そうとした。結局<ファルコン>はエクソゴースと遭遇した後に帝国軍に見つかってしまったが、ハン・ソロ船長の巧みな操縦で小惑星帯を脱し、インペリアル級スター・デストロイヤーの目を欺いて姿を消すことに成功した。[2]

登場エピソード

SWM14-RoguesAndVillainsCoverArt

<ミレニアム・ファルコン>の追跡

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。