Queicon.png

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「我々のスパイの一人、エージェント・ソーンがスターホーク計画の機密情報をつかんだ。お前の任務はソーンをホズニアン・プライム軌道上の前哨基地から回収することだ」
―テリサ・ケリル[出典]

エンドアの戦いの後、銀河帝国テリサ・ケリル艦長は、新共和国スターホーク計画に関する機密情報を入手したエージェントソーンを回収するため、タイタン中隊惑星ホズニアン・プライム上空における任務へ送り出した。

背景

「古い敵がようやく姿を見せた。スパイの一人がスター・デストロイヤーへの攻撃と新共和国の『スターホーク計画』の関係を掴んだ。共通項はリンドン・ジェイヴスだ」
レイ・スローネ提督[出典]

4 ABY[2]新共和国スターホーク計画のために銀河帝国インペリアル級スター・デストロイヤー捕獲作戦を行った。やがて帝国のスパイの1人が、一連の捕獲作戦とスターホーク計画に関係があることを掴み、さらに帝国からの離反者であるリンドン・ジェイヴスが計画に携わっていることを突き止めた。帝国宇宙軍レイ・スローネ提督は、かつてジェイヴスに裏切られた過去を持つ<オーバーシアー>のテリサ・ケリル艦長に、スターホーク計画を阻止する任務を与えた。ケリルはこの役目を引き受けるに当たり、アウター・リムへ配置換えされていた顔なじみのパイロットを<オーバーシアー>に呼び寄せ、指揮下のタイタン中隊に加えた。[1]

新入りがコールサインタイタン3”として中隊に参加した後、ケリル艦長はスターホーク計画の機密情報を手に入れた帝国保安局エージェントソーン惑星ホズニアン・プライム軌道前哨基地から回収する任務をTIEファイター・パイロットたちに与えた。ケリルはタイタン中隊に、回収チームを乗せたラムダ級T-4aシャトルグラディウス>をエスコートするために前哨基地を制圧し、ソーンを回収したら速やかにゴザンティ級クルーザーで戦場から離脱するよう指示した。[1]

戦闘

「反乱軍到着。逃がすな」
「私はその戦術に賛成だ」
シェンハヴィナ・ヴォンレグ[出典]

タイタン中隊は3隻のゴザンティ級クルーザーホズニアン星系に到着し、ホズニアン・プライムの軌道に浮かぶ前哨基地に接近した。新共和国はただちに立ち去らなければ攻撃すると警告を発したが、タイタン中隊はこれを無視し、基地の外周防衛網を形成するミサイル・プラットフォームへの攻撃を開始した。プラットフォームを排除し終えたタイタン中隊が続けてシールド発生装置に狙いを定めると、新共和国はT-65B Xウイング・スターファイターの防衛部隊を出撃させた。また、GR-75中型輸送船が前哨基地から逃げようとしたが、帝国軍に破壊された。前哨基地のシールドとターボレーザーが消滅すると、<グラディウス>が前哨基地にドッキングし、ソーンを回収するためストームトルーパーを展開した。一方、タイタン中隊はホズニアン・プライムの地表から出撃してきたXウイングやRZ-1 Aウイング・インターセプターと交戦した。新共和国はコルベットフリゲートからなる艦隊を配備し、ソーンを回収した<グラディウス>の脱出を阻止しようとした。しかし<グラディウス>とタイタン中隊は、新たに敵MC75スター・クルーザーが出現した直後、ハイパースペースへジャンプした。[1]

その後

「エージェント・ソーンはスターホーク計画の正確な位置を知らなくとも、探るべき方角は示してくれました」
LT-514[出典]

エージェント・ソーンはスターホーク計画が行われている正確な場所までは把握していなかったが、そこへ運ばれる新共和国技術者を乗せた船団が、ホズニアン・プライムを出発してデゼヴロを通過することを突き止めていた。技術者の輸送船団がデゼヴロのデブリ地帯を隠れ蓑にするつもりであることを知ったケリル艦長は、ここで敵を襲撃してわざとハイパースペース・ジャンプさせ、そのデータを元に行き先の候補を絞り込むことに決めた。[1]

制作の舞台裏

エージェント・ソーンの回収任務は、2020年発売のゲーム『Star Wars:スコードロン』で初めて描かれた。プレイヤーはストーリー・モードの「ミッション4:秘密とスパイ」で銀河帝国のパイロットとして本戦闘に参加する。[1]

登場エピソード

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 1.19 1.20 1.21 1.22 1.23 1.24 1.25 1.26 1.27 1.28 1.29 1.30 1.31 1.32 1.33 1.34 1.35 Star Wars:スコードロン
  2. 2.0 2.1 Star Wars:スコードロン』のメイン・ストーリーは、プロローグで描かれたフォスター・ヘイヴンの戦いオルデランの破壊の直後)の4年後である。『スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』によればオルデラン破壊は0 BBYであるため、『スコードロン』のメイン・ストーリーは4 ABY頃ということになる。
銀河内戦
銀河系のタイムライン

前:初期反乱運動 · ジェダイの粛清 · ジェダの反乱

同時期:パルチザンの反乱 · ライロスの反乱

次:冷戦

銀河内戦の戦い
0 BBY スカリフ · タトゥイーン(I) · マッド・ラッシュ作戦 (ヴァー・アシュファイア)
デス・スター · ヤヴィン
0 ABY タナブ · ヤヴィン4 · オルデラン難民 · シーアコン · ラニク
ローディア · フェックス · デノン · ペイシャー · オメレス
ギジュー · 第3ウサイタ星系 · デヴァロン · ティブリン
サイムーン1 · タトゥイーン(II) · モンスア星雲 · ナー・シャッダ
ヴロガス・ヴァス · コルサント(I) · サンスポット監獄 · ゴースト・ムーン
ハービンジャー · タリーンVII · スコリ=レイ
1 ABY ミッド・リム撤退戦 (ヘイドラル・プライム · コヤーティ · チョンセッタ星系 · レッドハーン星系)
3 ABY サンダーストライク · ホス (I) · クラウド・シティ (I) (II)
リングブレイカー作戦 (マードナIII · オバムボ · ナジャン=ロヴィ
ナカディア · ナートア · ザゴバ · クリクオ帯) · イニュス・トア
4 ABY イエロー・ムーン作戦 · インヴィンシブル・フェイス · タトゥイーン (III)
フダラ星系 · エンドア (I) · コルサント内戦 (モニュメント・プラザ)
エンドア (II) · カワ・シティ · シンダー作戦 (フォンドア · ヴァードス · ナブー)
タイロン · 鉄の封鎖 (ベスピン) · マラステア · アキヴァ (I) · ナーロル
ジオノーシス · ウイター · セヴァルコス · アキヴァ (II) · ベスピン
5 ABY ヴェタイン · タコダナ · ハイボリアンの月 · ヴォーラグ · ワイルド・スペース
ナグ・ユブデュア (ゴヴネ・リッジ · ビンジャイ=ティン) · アケニス · クワット
キャッシーク · シャンドリラ · チヌーク・ステーション · サラスト
ナブー包囲戦 · ジャクー
関連記事
銀河帝国 · 反乱同盟 · 新共和国 · シス · ジェダイ · ハット・クラン
初代デス・スター · 第2デス・スター · 帝国元老院の解散 · 災厄 · ロイヤル・アワード・セレモニー
アナキン・スカイウォーカーの葬儀 · 解放記念日 · 終末司令 · 帝国=新共和国和平会談 · 銀河協定
  [Source]
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。