「仰せのままに」
ダース・ヴェイダーに対し、ボバ・フェット[出典]

ボバ・フェット(Boba Fett)は人間男性で、マンダロリアン賞金稼ぎジャンゴ・フェットクローンである。銀河共和国晩年に生み出されたボバは、ジャンゴの息子として育てられ、幼い頃から戦闘技術や武術を叩き込まれていた。銀河帝国時代、ボバ・フェットは銀河系でもっとも恐るべき賞金稼ぎのひとりとしてその名を轟かせ、マンダロリアン・アーマーや数々の兵器、そしてかつて父親の宇宙船だった<スレーヴI>を駆使して獲物を追い詰めた。ボバはジャバ・ザ・ハットをはじめとする裏社会の犯罪王や、帝国に仕えるシスの暗黒卿といった大物たちからも仕事を請け負い、やがてその存在は伝説となった。

ジャンゴ・フェットはシス卿ダース・タイラナスに雇われて共和国グランド・アーミークローン・トルーパーに遺伝子を提供した際、見返りとして遺伝子操作を行わない純粋なクローンを1体創るようカミーノアンに要求した。クローン・トルーパーと違って老化の加速処理も施されていないボバは、ジャンゴの息子として惑星カミーノで育った。22 BBY第一次ジオノーシスの戦いに参加したジャンゴは、息子が見ている前でジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥに殺害されてしまった。それ以来、ボバは生涯にわたってジェダイを憎み、オーラ・シングらの後押しを受けながらクローン戦争中に復讐計画を企てた。しかし彼はウィンドゥを殺し損ね、一度は共和国の刑務所に入ったが、やがて“クレイツ・クロー”と呼ばれる賞金稼ぎのシンジケートを組み、ボスクデンガーといった同業者と共に活動した。

帝国時代、フェットは傭兵として犯罪王や帝国からも仕事を引き受けていた。0 ABY、フェットはシス卿ダース・ヴェイダーの依頼でデス・スター破壊した反乱軍パイロットの素性を探り、彼がスカイウォーカーという名であることを突き止めた。また3 ABYには同じくヴェイダーの依頼で<ミレニアム・ファルコン>を捜索した。彼はこの時ハン・ソロ船長の身柄を引き取り、タトゥイーンのジャバ・ザ・ハットに送り届けた。1年後反乱同盟がソロの救出を企てた際、フェットはジャバの勢力の一員としてカークーンの大穴における戦いに参加した。ソロが意図せずしてジェットパックを破壊したため、フェットはサルラックに飲み込まれてしまったが、アーマーを失いながらもなんとか生き延びた。新共和国時代、フェットはフェネック・シャンドと手を組み、アーマーを取り戻すためにマンダロリアンのディン・ジャリンを追った。タイソンで装備を取り戻したフェットは、ジャリンと交わした取り引きに従い、彼が帝国軍残存勢力からグローグーを取り戻す手伝いをすることになった。

経歴

生い立ち

誕生

「高額の報酬とは別に、フェットはひとつだけ条件を出しました。手を加えていない彼自身のクローンです」
「手を加えていない、とは?」
「遺伝的に純粋な複製です」
ラマ・スーオビ=ワン・ケノービ[出典]

カミーノにて、少年時代のボバ・フェット

ナブーの戦いの後、ジェダイ・マスターサイフォ=ディアスジェダイ最高評議会にも秘密で、クローン軍団の製造をカミーノアンに依頼した。[1] 彼はこの軍団が銀河共和国の防衛に不可欠だと信じていた。しかしこのプロジェクトは、ジェダイ・オーダーの殲滅をたくらむシスによって利用されることになった。[9] シス卿ダース・タイラナス”ことドゥークー伯爵は、クローン軍団の遺伝子テンプレートとして人間男性賞金稼ぎジャンゴ・フェットを雇った。ジャンゴはこの仕事を引き受けるにあたり、高額の報酬に加え、自分のために純粋なクローンを1体用意するという条件を出した。[1] 32 BBY[2]ナブーの戦いの後、ボバ・フェットは数多く製造されたクローンの最初の1人として[10] 惑星カミーノで生み出された。[11] ジャンゴの注文通り、ボバは共和国グランド・アーミークローン・トルーパーたちと違って遺伝子に手を加えられておらず、従順になるための遺伝子構造操作や、老化の加速処理が施されていなかった。[1]

ジャンゴはボバを実の息子として育て、ボバは幼い頃から賞金稼ぎになるための訓練を受けた。[12] ボバは10年間カミーノのティポカ・シティで育ち、ジャンゴがカミーノアンから報酬の一環として提供された、軍事複合施設内にあるアパートメントで父と暮らした。[11] 彼は子どものうちから並外れた精密射撃技術に恵まれ、完ぺきなプロ根性を備えた強力な戦士となった。[12] またボバはジャンゴから多くの技術を教わり、サバイバルや武術を身に着けた。[4]

ジャンゴの教え

「彼には息子がひとりいた。クローンを息子として育てたのかもしれんが……名前はボバ・フェットだ」
メイス・ウィンドゥ[出典]

ボバとジャンゴ・フェット

ジャンゴ・フェットはタイラナスとの取り引きで大金を手に入れた後も賞金稼ぎ稼業を続け、時にはボバを訓練のために仕事に同行させることもあった。クローン戦争以前のある時、ジャンゴはブラック・サンに加わろうとしているトワイレック娘を捕まえて依頼者である父親のもとへ連れ戻す仕事を請け負った。仕事を遂行するにあたり、ジャンゴは同業者であるローディアンニールダギャンドリンチャドラ=ファンティヴァーたちとチームを組むことにした。ジャンゴが待ち合わせ場所であるテレラスカンティーナを訪れると、3人の賞金稼ぎたちは高名な同業者が少年を連れてきたことに驚いた。ジャンゴはボバを紹介し、訓練の一環として仕事を手伝わせると告げた。[13]

<スレーヴI>に乗り込んで出発した後、ボバはなぜ聞いたこともないような賞金稼ぎたちとチームを組むのか、なぜキャド・ベインオーラ・シングザム・ウェセルと組まないのかと父親に尋ねた。するとジャンゴは、知らない者と組み、未知の因子と直面することが今回のレッスンだと告げた。するとボバは、好きな仕事だけ選ぶこともできるのではないかと質問した。ジャンゴは今の自分ならできると答えつつ、しかしその段階に至るまでには長い時間がかかったと付け加え、評判は生まれながらにして持っているものではなく、自分で勝ち取るものだと諭した。[13]

獲物がいる惑星オード・マンテルのカンティーナに到着した後、ボバとティヴァー、ニールダ、リンは標的の娘がファリーン種族の恋人グリフと待ち合わせしている現場を取り囲んだ。賞金稼ぎたちに脅されたグリフは恋人を捨てて逃げ出し、ティヴァーはボバに“愛などアテにならない”という教訓を教えた。トワイレックの娘はバルコニーから脚を滑らせて落下したが、ジャンゴがジェットパックで飛行しながら彼女をキャッチし、スタン・ビームで気絶させた。仕事が終わった後、ボバはなぜトワイレックが落下すると分かったのかと父親に尋ねた。ジャンゴは可能性に備えただけだと答え、仕事においては本能を信頼することが大切であり、追い詰められた人々は愚かな決断をするものだとアドバイスした。[13]

ティヴァーに剣を押し当てられたボバ

次の瞬間、後ろにいたティヴァーがボバを力ずくで押し倒して首に2本のを押し当て、“背後には常に注意すること”という教訓だと語った。ティヴァーの相棒であるリンはボバが落としたブラスター・ピストルを拾ってジャンゴに向け、ボバの命と引き換えに賞金首の身柄を自分たちに譲るよう脅迫した。ニールダはほかの2人の行動に驚いたが、リンからブラスターを向けられると両手を上げて無抵抗の意を示した。2人は再びジャンゴを脅迫したが、彼は賞金首を渡す気は無いと答え、ボバを殺せるものなら殺せばいいと告げた。するとボバは体に隠していた小型ブラスターでティヴァーを撃ち殺し、“捕虜の身体はよく調べること”という教訓だと告げた。ボバは続けてリンの手と足を順に撃ち、父親の言うところの“腕を鈍らせないための規則的な射撃訓練”だと言い放って最後に頭を撃った。ニールダを生かすか殺すか自分で決めるよう父親に言われたボバは、賞金の分け前は与えないが、命は見逃すと告げた。<スレーヴI>に戻った後、なぜニールダを殺さなかったのかと父親に聞かれたボバは、今日の出来事を他の賞金稼ぎ連中に広めさせるためだと答えた。[13]

カミーノからの脱出

「やれ、パパ! やっつけろ!」
―ボバ・フェット[出典]

オビ=ワン・ケノービとボバ・フェット

22 BBY[14]クローン戦争勃発直前、ジャンゴは独立星系連合からパドメ・アミダラ元老院議員暗殺依頼を引き受け、惑星コルサントへ旅した。しかしジャンゴはこの任務に失敗し、口封じのため相棒のザム・ウェセルを殺害した。ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービはザムの殺害に使われたカミーノアン・セーバーダートを頼りに暗殺者の後を追い、カミーノにやってきた。ケノービはカミーノアンのラマ・スー首相と面会し、ジェダイの知らないうちに共和国のクローン軍団が作られていたこと、その遺伝子提供者が賞金稼ぎであることを知った。ケノービが賞金稼ぎと会いたがったため、トーン・ウィー行政補佐官が彼を連れてボバとジャンゴが暮らすアパートメントを訪ねた。ボバはドアを開けて2人を迎え入れ、ウィーが来たことを父親に伝えた。[1]

ボバとウィーが見守る中、ケノービはジャンゴにクローン軍団の感想を述べ、コルサントで発生した暗殺未遂事件に関与していないか遠回しに探りを入れた。[1] マンダロリアン・アーマーや装備を置いてある別室のドアが開きっぱなしであったため、ジャンゴはケノービに悟られないよう[1] フェット・コード語を使って[15] ドアを閉めてくるようボバに命じた。ジェダイが去った後、ジャンゴはボバに荷造りをするよう命じた。しかし2人が離着陸プラットフォームで<スレーヴI>の出発準備をしていた時、ジェダイ評議会からジャンゴの確保を命じられたケノービが再び姿を現した。ボバはジャンゴの命令で船に乗り込み、父とジェダイの対決コックピットから見守った。ボバはジェダイと肉弾戦を繰り広げる父に加勢するため<スレーヴI>のブラスター砲を発射し、ジェダイの態勢を崩した。最終的にケノービはプラットフォームから落下し、フェット親子は無事に出発することができたが、<スレーヴI>にはホーミング・ビーコンが取り付けられていた。[1]

ジャンゴとボバはドゥークー伯爵をはじめとする分離主義勢力の指導者たちが集結している惑星ジオノーシスを目指した。しかしジオノーシス星系に到着した後、彼らを追跡してきたケノービのデルタ7イーサスプライト級軽インターセプターが現れた。ボバが敵機の出現を知らせると、ジャンゴはジオノーシスを取り囲む小惑星の中に入り、インターセプタードッグファイトを繰り広げた。ボバが見守る中、ジャンゴはサイズミック・チャージでケノービを翻弄し、インターセプターの背後をとることに成功した。ケノービはスペア・パーツを放出して<スレーヴI>から発射されたミサイルをしのぎ、小惑星の裏側に隠れたが、ボバとジャンゴは敵機の反応が消えたことに満足して笑みを交わした。[1]

父親の死

「父親が死んだとき、ボバもジオノーシスにいた。私が彼を殺したのを目撃したのだ」
―メイス・ウィンドゥ[出典]

ジャンゴの死を悲しむボバ

フェット親子がジオノーシスに到着してからしばらくして、ケノービもこの星に潜入した。ケノービは分離主義者の会合を盗み聞きして最高評議会に報告を行った後、ジオノージアンによって捕らえられた。またケノービを助けるためにやってきたパダワンアナキン・スカイウォーカーとアミダラ議員もバトル・ドロイド工場でジャンゴやジオノージアンに捕まった。3人の捕虜は死刑を宣告され[1]スタルガシン・ハイヴペトラナキ・アリーナ[16] 処刑されることになった。ボバはジャンゴやドゥークー、ジオノージアンのポグル・ザ・レッサー大公トレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイらと一緒に[1]、大公専用のボックス席[16] から処刑を見物することになった。ポグル大公が処刑開始を宣言すると、リークネクスーアクレイがアリーナに放たれたが、捕虜たちはなんとかこれらの猛獣を撃退した。やむを得ずドロイデカが投入されることになったが、その直後、ケノービを助けるためにやってきたジェダイの救出チーム[1] 212名[17] がアリーナに姿を現し、ジオノーシスの戦いが始まった。[1]

ジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥはボックス席のバルコニーでジャンゴの首にライトセーバーを突き付け、ドゥークーに降伏を求めた。しかし大量のB1バトル・ドロイドB2スーパー・バトル・ドロイドがアリーナになだれ込み、ジェダイは劣勢に追い込まれた。戦闘中、ウィンドゥがリークに追われて態勢を崩したことに気付いたジャンゴは、ジェダイを仕留めるためジェットパックでバルコニーから飛び立った。しかし彼はメイスが落としたライトセーバーを拾おうとしたためにリークの突進をかわし切れず、ジェットパックが壊れてしまった。バルコニーにいるボバやドゥークーが見守る中、ウィンドゥはあっという間にジャンゴを追い詰め、ライトセーバーで首を切り落としてしまった。戦場がアリーナの外に移った後、ボバはジャンゴの空っぽのヘルメットを拾い上げ、父親の死を悲しんだ。[1] この事件がきっかけとなり、ボバは生涯にわたってジェダイを憎むようになった。[18]

クローン戦争

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

帝国時代

帝国時代、彼は父のマンダロリアン・アーマーを身に纏い、銀河で最も有名な賞金稼ぎの1人となった。

カラジャムの任務

カラジャムで機械の騎獣に乗るボバ・フェット

帝国時代、ボバ・フェットはアウター・リムの砂漠の惑星カラジャムで賞金首の反乱軍パイロットを捕まえた。機械の騎獣にまたがって賞金稼ぎギルドの施設へ向かう途中、フェットは地元住民から貴重品を搾取していた賞金稼ぎジンゴ・ガブニットターフィッチらと出くわした。ターフィッチはフェットが自分たちを捕まえに来たと勘違いして慌てふためいたが、フェットはそのまま彼らのもとを走り去っていった。街でトワイレックのギルド・エージェントに賞金首を引き渡したフェットは、50,000の報酬を手に入れ、ジョーガン・スパで休んだらどうかという提案を無視して次の標的を検索した。フェットはリストの中に、先ほど遭遇したばかりのガブニットの顔を見つけた。ガブニットは反乱同盟の協力者として帝国から手配されているだけでなく、賞金稼ぎの掟すら破り、反乱軍メンバーを狙っていた同業者まで手にかけ、100,000クレジットの賞金を懸けられていた。フェットはこの仕事を引き受け、ギルドの拠点を後にした。[8]

賞金首を探すため砂漠に出たフェットは、死の平原に倒れているターフィッチを発見した。砂嵐に巻き込まれて砂漠に足止めされたガブニットは、ザン姉妹に連絡を取ってカラジャムから脱出する手はずを整えたが、残されたを独り占めするためターフィッチを撃ち、置き去りにしたのである。フェットから水を与えられた瀕死のターフィッチは、ガブニットを殺してくれるかと賞金稼ぎに尋ね、彼が向かった方向を教えた。フェットは遠くにいるガブニットをエレクトロバイノキュラーで確認すると、彼の背中を狙撃した。致命傷とはならなかったものの、ターフィッチは満足して息を引き取った。ガブニットの後を追って死の平原を横断したフェットは、とある村落にたどり着いた。そこの住民はガブニットに虐殺されており、杭に縛り付けられた生存者たちはフェットに助けを求めた。[8]

ガブニットの罠にかかったフェット

ガブニットは建物の中からフェットに語りかけ、自分が指名手配された経緯を説明した。ガブニットは手配書通り賞金首を殺害したにもかかわらず、生け捕りでないことを理由に帝国から賞金支払いを拒否され、借金があったためやむを得ず規則違反を犯したのだという。ガブニットはフェットに、自分を見逃せばギルドが約束した報酬の3倍を3以内に払うと申し出た。フェットは敵の提案を無視して建物に踏み入ったが、そこにあったのは囮のコムリンクと、サーマル・デトネーターだった。しかしフェットはジェットパックを使って爆発の中から飛び出し、別の場所に隠れていたガブニットを追い詰めた。ガブニットは敗北を認めつつ、自分が略奪した貴重品と引き換えに見逃してほしいと訴えた。彼はいつかフェットも道を踏み外し、自分と同じようにギルドから見捨てられる日が来ると警告した。しかしフェットはガブニットが落としたブラスター・ピストルを彼の手元に蹴り返したうえで、この賞金首にとどめを刺した。[8]

フェットは解放された村人たちが礼を言うのを無視し、賞金首の死体を引きずって街に戻った。フェットがギルドの拠点に到着した時、スターロという名の男がフェットに声をかけた。フェットが救った村に妹がいるスターロは、賞金稼ぎに感謝の意を伝えた。フェットは無視してギルドに死体を届けたが、スターロは彼の後を追い、ガブニットの仲間であるザン姉妹もついでに始末してくれないかと依頼した。ザン姉妹は帝国と親しいから無理だとギルド・エージェントが口をはさんでもスターロは諦めず、長年にわたり地元の農場を苦しめている姉妹を倒すため力を貸してほしいと頼んだ。すでに次の賞金首を検索し始めていたフェットは、まさにこのスターロが、“タル・ジョーベン”という名で手配されていることに気付いた。スターロは悪者や殺人者、犯罪者を狩るのが仕事ではないのかとフェットに語ったが、フェットは賞金首を狩るのが仕事だと答え、スターロに銃口を突き付けた。[8]

砂漠のワイン

ジャバの用心棒を務めるフェット

ジャバのために働いていた時、ボバはタトゥイーンの宮殿にある謁見室で、しばしば犯罪王の用心棒を務めた。そんなある日、タスケン・レイダーの一団が宮殿を訪れ、帝国やジャワが自分たちの聖域をうろついていると訴えた。彼らはタトゥイーンで起きるあらゆる事はジャバの了解のもと行われていると主張し、今すぐ止めさせなければ代償を払うことになると文句を言った。しかしジャバが怒り、フェットが武器を構えると、彼らは態度を改めた。ジャバはまもなく問題は解決されるだろうと告げ、タスケンを下がらせた。次に謁見室にやってきた陳情者は、人間とローディアンの二人組だった。彼らはジャバが輸出している“砂漠のワイン”のビジネスに一枚噛みたいと考えていた。ところがジャバはフェットや二人組が見ている前で、この貴重なワインの最後のボトルを飲み干してしまった。犯罪王のメジャードモを務めるビブ・フォーチュナは、砂漠のワインはタスケンにとって聖なる物であり、盗もうとすれば戦争になると二人組に告げた。しかしジャバはワインが欲しければタスケンたちがグレート・デューンで夜の祈りを捧げているときに盗むしかないと仄めかし、陳情者たちを焚きつけた。[19]

ジャバの思惑通り、人間とローディアンの二人組はワインの強奪を企て、その計画を盗み聞きしたジャワ、そして強欲な帝国軍将校も同じ結論に達した。二人組と、バトル・ドロイドを引き連れたジャワたち、そしてストームトルーパーを率いる帝国軍将校は、真夜中のグレート・デューンで一堂に会した。彼らは互いにブラスターを向けあって膠着状態に陥ったが、ローディアンはこの状況は何者かに仕組まれていると呼びかけ、争いを止めようとした。しかしジャバの命令で現地に送り込まれていたフェットが、戦いのきっかけを作るため離れた場所から帝国軍将校を狙撃した。将校の死が合図となり、グレート・デューンに集まった勢力は互いに殺し合い、その戦闘音はタスケンの集落にまで響いた。あくる日、タスケンの部族がストームトルーパーの大量の死体とともに、ジャバの宮殿を再訪した。フェットやフォーチュナが見守る中、タスケンたちはジャバが帝国とジャワによる聖域侵害問題を解決してくれたことへの感謝のしるしとして、新たに砂漠のワインを献上した。しかしフォーチュナは、砂漠のワインを人工的に製造する方法がコルサントのカルテルによって発見されたため、今やこの酒は無価値だと犯罪王に報告した。ところがジャバは、この酒は“無価値”ではなく“価値がつけられぬ”ものだと豪語し、フェットやタスケンたちの前でラッパ飲みしてみせた。[19]

暗黒卿の仕事

3 ABY、彼は銀河帝国シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーに雇われ、ハン・ソロレイア・オーガナの乗る<ミレニアム・ファルコン>を追跡する任務を遂行した。そして彼は、ベスピンクラウド・シティでソロがカーボン凍結されるのを見届けたあと、ソロをタトゥイーンジャバの宮殿に届けた。

カークーンの大穴

4 ABYルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナが、ソロをを救出するためタトゥイーンへやって来たが、彼らはジャバに捕まってしまう。スカイウォーカーとソロを処刑するため、ジャバは怪物サルラックの住む、カークーンの大穴へと向かった。スカイウォーカーの処刑はあと一歩の所まで進んだが、彼が機転を効かせて状況を脱した為、彼らとジャバの部下との戦いが始まった。戦いの最中、一時的に目が視えなくなったソロがボバのジェットパックに偶然接触し、ジェットパックが誤作動を起こした。彼はそのまま飛んでジャバのセール・バージにぶつかり、跳ね返って1000年かけて消化されると言われているサルラックの口に一直線に飲み込まれていった。

サルラック以降

生還

「彼女はタトゥイーンの砂漠に置き去りにされていた。俺と同じように。だが運命は時に落伍者を救う」
―フェネック・シャンドについて、ボバ・フェット[出典]

フェットはサルラックから生還したが、マンダロリアン・アーマーを失ってしまった。彼のアーマーはジャワ廃品回収業者によって回収され、エンドアの戦いの後に、タトゥイーニアンの保安官コブ・ヴァンスの手に渡った。[20][21] やがてフェットはサイクラー・ライフルガダッフィ・スティックなどの武器を手に入れた。[22] フェットの運命についてはいくつも噂が流れ、彼はサルラックの穴で死んだものと思われた。[23]

ヴァンスがボバ・フェットのアーマーを手に入れたのと同じ頃、惑星コレリアコロネット・シティでは、デンガーがマーキュリアル・スウィフトという名の若い賞金稼ぎと一対一の対決を繰り広げていた。デンガーがスウィフトを追い詰め、粒子アレイ・ガンの銃口を向けてとどめを刺そうとした時、スウィフトは何とか生き残るため近くの屋根の上を見つめ、驚いたふりをしながらボバ・フェットの名を口走った。デンガーがつられて屋根のほうを振り向いたすきを逃さず、スウィフトは反撃して形勢を逆転させた。結局スウィフトはデンガーにとどめを刺さずに去っていったが、デンガーは若き同業者に対し、自分たち賞金稼ぎに賞金が懸けられる日は近いと警告した。[20]

自分のアーマーを手に入れたディン・ジャリンを遠くから見守るボバ・フェット

9 ABY頃、ボバ・フェットはタトゥイーンの砂漠で重傷を負って倒れている暗殺者フェネック・シャンドを発見した。[22] 彼女は賞金稼ぎトロ・カリカン撃たれ[24]、死んだと思われて砂漠に置き去りにされたのである。フェットはかつての自分と似た境遇に置かれたシャンドの命を救い、シャンドは重傷を負った腹部に機械を移植された。シャンドはフェットに恩を感じ、彼と行動を共にすることになった。[22]

それからしばらくして、タトゥイーンに自分以外のマンダロリアンがいるという噂を聞きつけたディン・ジャリンモス・ペルゴの街を訪れ、フェットのアーマーを所有するコブ・ヴァンス保安官と出会った。ヴァンスがマンダロリアンではないことを知ったフェットはアーマーを引き渡すよう要求し、保安官は街を脅かすグレーター・クレイト・ドラゴン退治を手伝えばアーマーを譲ると持ち掛けた。ジャリンがヴァンスの要求通りクレイト・ドラゴンを倒してアーマーを手に入れた後、フェットはを砂丘の上に立ち、ゼフィアJスピーダー・バイクに乗ってモス・アイズリーへ向かうジャリンを見守った。バイクが砂埃を上げて走り去った後、フェットも踵を返してその場を去った。[21]

タイソン

「欲しいのはお前のアーマーじゃない。お前がタトゥイーンでコブ・ヴァンスから手に入れた俺のアーマーだ」
―ディン・ジャリンに対し、ボバ・フェット[出典]

フェットとフェネック・シャンド

父親のアーマーを取り戻すべく、フェットはシャンドとともに<スレーヴI>でディン・ジャリンのガンシップレイザー・クレスト>を追跡し、惑星タイソンにたどり着いた。ジャリンはグローグーという名のフォース感応者の幼児を保護しており、グローグーを委ねるべきジェダイを見つけるため、タイソンの古代寺院訪れていたのである。<スレーヴI>を着陸させた後、フェットは知見の石の上で瞑想しているグローグーをいつでも撃てるよう、あらかじめシャンドに準備させておいた。ジャリンが寺院があるから降りてくると、フェットは自ら姿を現して目的を告げた。彼はジャリンがタトゥイーンで手に入れたアーマーは本来自分が父親から受け継いだ物であると明かしたが、ジャリンはマンダロリアンの教義に従う者でなければアーマーを渡すことはできないと答えた。そこでフェットはシャンドがグローグーに狙いを定めていることを明かし、話し合いのために互いに武器を下ろすことを提案した。[22]

ジャリンが話し合いに応じると、フェットは父ジャンゴにアーマーを与えたのはマンダロリアンだと告げ、アーマーを渡せばジャリンとグローグーの安全を保障すると持ち掛けた。その直後、グローグーをつけ狙うモフギデオン帝国軍残存勢力ドロップシップがタイソンの上空に姿を現し、フェットとジャリンの交渉は中断された。ジャリンは急いでグローグーのもとへ引き返し、フェットとシャンドは着陸したドロップシップから降りてくるストームトルーパー部隊を迎え撃った。フェットはサイクラー・ライフルでトルーパーを1名狙撃すると、丘を登ってきたトルーパー数名をガダッフィ・スティックで撲殺した。シャンドが丘の上から巨大なを落として敵を混乱させているうちに、フェットは敵の後方に回り込み、ストームトルーパー・コマンダーをガダッフィで仕留めた。その後、彼はドロップシップの近くに駐機されている<レイザー・クレスト>の中に、自分のアーマーが保管されていることに気付いた。[22]

アーマーを取り戻したフェットと、ディン・ジャリン、フェネック・シャンド

アーマーを取り戻して装着したフェットは、大勢のストームトルーパーに囲まれていたシャンドとジャリン(瞑想中のグローグーに触れることができず、戦場に戻ってきていた)のもとへ駆けつけ、爆弾やブラスター・ピストル、デュア24リスト・レーザーニーパッド・ロケット・ダーツ・ランチャーなどの各種兵器を駆使して敵を圧倒した。生き残ったトルーパーたちは2隻のドロップシップに乗って逃げ出したが、フェットはジェットパックのミサイルでそのうち1隻を撃破し、結果的に残りの1隻も、落下してきた最初のドロップシップとの衝突で破壊された。ジャリンから腕前を褒められたフェットは、ミサイルが命中したのは狙っていたのとは別の機体だったことを明かした。その直後、<レイザー・クレスト>が大気圏上層にいるギデオンの軽クルーザーからの砲撃で粉々に破壊されてしまった。フェットはシャンドの助言に従い、ジェットパックを噴射して自分の<スレーヴI>に戻った。[22]

ジャリンはシャンドと一緒にグローグーのもとへ急いだが、ギデオンが送り込んだダーク・トルーパーが一足先に寺院跡地に到着し、子供を連れ去ってしまった。<スレーヴI>を発進させたフェットは、グローグーを抱えて飛翔するダーク・トルーパーの後を追った。グローグーに危害が及ばぬよう攻撃は控えつつ、ダーク・トルーパーが戻る先を確かめるため上昇を続けたフェットは、雲の向こうに帝国のクルーザーがいることに衝撃を受けた。彼はシャンドに帝国の復活を知らせると、<スレーヴI>を旋回させて地上に戻った。帝国のクルーザーが去り、ジャリンが<クレスト>の焼け跡の中からベスカーのスタッフを回収した後、フェットはアーマーに保存されていたチェーンコードを彼に見せ、父親が紛れもなくマンダロリアンだったことを証明した。ジャリンはフェットがアーマーの正統な所有者であることを認め、取り引きは成立したと告げた。しかしフェットはグローグーの安全を保障するのが取り引きの条件だと答え、帝国から子どもを救出する手伝いを申し出た。[22]

モラック

「私はISBのお尋ね者だ。私もすぐにばれる」
「フェットは?」
「奴らは俺の顔に気付く、とだけ言っておこう」
―フェネック・シャンドとディン・ジャリン、ボバ・フェット[出典]

モラックにて、ディン・ジャリンとボバ・フェット

自分の宇宙船を失ったジャリンは、フェットの<スレーヴI>で惑星ネヴァロへ旅した。ジャリンは新共和国の囚人である元帝国軍狙撃手ミグズ・メイフェルドの力を借りてギデオンの軽クルーザーの座標を突き止めようと考えており、そのためにはまずネヴァロにいる新共和国保安官キャラシンシア・デューンに協力を仰ぐ必要があったのである。[22] デューンをクルーに加えた<スレーヴI>は、メイフェルドが収監されているカーソン・チョップ・フィールズへ移動した(労働キャンプに到着した時点で、フェットのアーマーは再塗装を施されていた)。メイフェルドの情報をもとに、フェットは<スレーヴI>の針路をモラックに取り、この惑星のスキャンを行った。モラックには帝国の精製所が現存しており、フェットはこの施設でライドニウムが加工されていることを見抜いた。[25]

対空砲を避けるため、一行は<スレーヴI>を施設から離れた場所に着陸させ、遠くから偵察を行った。彼らはメイフェルドを帝国の内部端末にアクセスさせる必要があったが、誰がメイフェルドに同行するかで議論になった。精製所は元帝国保安局のメンバー率いる残存勢力によって運営されており、元反乱軍ドロッパーのデューンやお尋ね者のシャンドは辞退した。フェットも同様に、“自分の顔は敵に気付かれる”とだけ告げて断った。結局、ジャリンがメイフェルドと一緒に施設に潜入することになり、マンダロアの道を守るため、ジャガーノート・パイロットのヘルメットで顔を隠すことになった。2人はインペリアル・コンバット・アサルト・トランスポートで施設へ向かい、シャンドとデューンは後方支援のため施設付近の森に潜み、フェットは脱出時に彼らを回収するため<スレーヴI>で待機した。[25]

フェットは<スレーヴI>のサイズミック・チャージで帝国軍残党のTIEを始末した

ジャリンとメイフェルドが無事にジャガーノート5T-12トンネルから出発した際、シャンドはフェットに作戦のフェイズ1が完了したことをコムリンクで報せた。その後、精製所で目的の情報を手に入れた2人が建物の窓から出てくると、シャンドは<スレーヴI>の発進をフェットに指示した。<スレーヴI>が精製所に到着するまでの間に、シャンドとデューンは対空砲を操作する帝国軍兵器技術者や、ジャリンとメイフェルドを追いかけるストームトルーパーやショアトルーパーたちを狙撃で始末した。フェットは手はず通り<スレーヴI>を精製所の屋上につけてジャリンとメイフェルドを拾い、すぐに機体を上昇させた。その際、メイフェルドはフェットのサイクラー・ライフルを使ってアサルト・トランスポートの貨物室を狙撃し、ライドニウムを爆破して精製所にダメージを与えた。間もなく2機のTIEファイターが現れたが、フェットは客室の2人に機体が揺れることを警告して回避飛行をとり、サイズミック・チャージで敵機を一度に破壊した。その後、シャンドとデューンは森の中で<スレーヴI>と合流し、メイフェルドはその場で自由の身となった。[25]

グローグーの救出

「あんたはマンダロリアンじゃないね」
「そうだと言った覚えはない」
―ボ=カターン・クライズとボバ・フェット[出典]

ボ=カターン・クライズらのもとを訪ねたボバ・フェットとディン・ジャリン

ギデオンの座標を突き止めた後、フェットが操縦する<スレーヴI>は帝国軍残存勢力のラムダ級T-4aシャトル2743を襲撃した。このシャトルには帝国のクローン・エンジニアであるドクターパーシングが乗り込んでおり、ギデオンの軽クルーザーへ向かっているところだった。2743の背後を取ることに成功したフェットは、イオン兵器でこのシャトルの操縦システムを停止させると、シールド出力を下げてトランスポンダーを切るよう操縦士に呼びかけた。フェットが<スレーヴI>をシャトルとドッキングさせると、デューンとジャリンが船内に乗り込み、パーシングを人質にとった副操縦士を殺害した。クルーザーの内情を知るパーシングと、侵入用のシャトルを確保した一行は、ジャリンの知り合いであるマンダロリアンたちに助けを借りるため、とある砂漠の惑星へ旅した。目的地に到着すると、フェットは<スレーヴI>をコムルク級ファイター/トランスポートの隣に着陸させた。[23]

フェットとジャリンは地元のカンティーナに入り、食事をしているナイト・アウルのマンダロリアン戦士、ボ=カターン・クライズコスカ・リーヴスを見つけた。ジャリンはグローグーをギデオンから取り戻す手助けをしてほしいと頼んだが、クライズは全てのマンダロリアンが賞金稼ぎではないと告げ、依頼を断った。またクライズはフェットがマンダロリアンではないことを見抜き、リーヴスが彼を挑発した。フェットはクライズたちがマンダロア奪還を志していることを“冗談”呼ばわりし、これに怒ったクライズはフェットがマンダロリアン・アーマーに値しないただのクローンだと侮辱した。次の瞬間、リーヴスがフェットに殴り掛かり、取っ組み合いの乱闘が始まった。2人が互いに火炎放射器を向けあった際、クライズはその敵意を同胞ではなく帝国に向けていればマンダロアを失わずに済んだと呼びかけ、戦いを止めた。結局、クライズはギデオンが所有しているダークセーバーと軽クルーザーをもらい受けることを条件に、グローグー救出に手を貸すことに同意した。[23]

<スレーヴI>を操縦するフェット

パーシングから得た情報をもとに、一行はラムダ級シャトルから遭難信号を発信して軽クルーザーに乗り込み、ギデオンを倒してグローグーを助け出す作戦を立てた。ジャリンとデューン、シャンド、クライズ、リーヴスは侵入用のラムダ級シャトルに乗り込み、フェットは<スレーヴI>で彼らを追跡する役を演じることになった。ハイパースペース航行中、クライズはクルーザーへのドッキング許可が降りたらすぐに離脱するようフェットに告げ、うまく芝居するよう念を押した。また敵の砲台に気を付けろと警告するクライズに対し、フェットは心配は無用だと返した。<スレーヴI>はリアルスペースに出ると同時に銃撃を開始し、ラムダ級シャトルは回避飛行を取りながらクルーザーに着艦許可を求めた。フェットはシャトルがクルーザーの発射チューブに接近するのを見送ると方向転換し、艦載砲の砲撃をかわしながら2機のTIEファイターを仕留め、ハイパースペースへ飛び去った。その後、ジャリンのチームは無事に任務の目的を果たした。[23]

ジャバの宮殿への帰還

《ボバ! 死んだと思っていた。よく来たな。噂は聞いているよ》
―ビブ・フォーチュナ[出典]

宮殿の玉座に君臨するフェットとシャンド

グローグー救出に貢献し、ディン・ジャリンへの借りを返した後、ボバ・フェットとフェネック・シャンドは惑星タトゥイーンに帰還し、ジャバ・ザ・ハットの宮殿を襲撃した。当時、宮殿はかつてジャバのメジャードモを務めたトワイレックのビブ・フォーチュナによって支配されていた。フォーチュナはフェットが生きていたことに驚き、彼に歓迎の言葉を継げた。しかしフェットは返事をする代わりにフォーチュナを撃ち殺した。彼はフォーチュナの死体を押しのけると、シャンドを脇に従え、宮殿の玉座の新たな支配者となった。[23]

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 1.19 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  2. 2.0 2.1 きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック 増補改訂版
  3. 3.0 3.1 3.2 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
  4. 4.0 4.1 StarWars.com Encyclopedia Boba Fett - エンサイクロペディア (バックアップ・リンク - Archive.org)
  5. スター・ウォーズ フォースの覚醒:ヘッド=トゥ=ヘッド
  6. ダーク・ディサイプル
  7. スター・ウォーズ:ダース・ベイダー
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 エイジ・オブ・レベリオン ボバ・フェット
  9. TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズ失われた者
  10. スター・ウォーズ:カード・トレーダー
  11. 11.0 11.1 アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  12. 12.0 12.1 ザ・スター・ウォーズ・ブック
  13. 13.0 13.1 13.2 13.3 エイジ・オブ・リパブリック ジャンゴ・フェット
  14. スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス
  15. YouTube.png Every Language in Star Wars Movies - Star Wars Kids YouTube チャンネル
  16. 16.0 16.1 スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ
  17. スター・ウォーズ ビジュアル・ディクショナリー新完全版
  18. StarWars-DatabankII.png Boba Fett - 公式データバンク
  19. 19.0 19.1 エイジ・オブ・レベリオン ジャバ・ザ・ハット
  20. 20.0 20.1 アフターマス
  21. 21.0 21.1 マンダロリアン ロゴ.png マンダロリアンチャプター9:保安官
  22. 22.0 22.1 22.2 22.3 22.4 22.5 22.6 22.7 マンダロリアン ロゴ.png マンダロリアンチャプター14:悲劇
  23. 23.0 23.1 23.2 23.3 23.4 マンダロリアン ロゴ.png マンダロリアンチャプター16:救出
  24. マンダロリアン ロゴ.png マンダロリアンチャプター5:ガンファイター
  25. 25.0 25.1 25.2 マンダロリアン ロゴ.png マンダロリアンチャプター15:信奉者
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。