FANDOM


ボバージョ(Bobbajo)はエンドアの戦いのおよそ30後に砂漠惑星ジャクーに住んでいたニュー=コジアン男性。彼は白いひげを生やし、灰緑色の服を着ていた。“クリッターモンガー”(動物売り)という通り名で知られ、動物を入れた檻を背負いながら入植地ニーマ・アウトポストを歩き回った。また、ボバージョは語り部としても有名で、遠い昔に彼とその動物たちが経験した冒険談で観衆を楽しませた。

制作の舞台裏

ボバージョは映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のために創り出されたキャラクターである。ボバージョの姿は2014年にユーチューブで公開された動画『Star Wars: Force for Change - A Message from J.J. Abrams』で初めてお目見えした。動画中、J・J・エイブラムズ監督がスター・ウォーズと提携したチャリティー・イベントについて紹介している時、エイブラムズの背後をボバージョが通過する。ボバージョは『フォースの覚醒』に登場することが判明した最初の新キャラクターのひとりである。

登場エピソード

参考資料

脚注