Fandom


ボブ・ハドソル(Bob Hudsol)は人間男性で、共和国再建のための同盟司令官銀河帝国超兵器デス・スターバトル・ステーションが完成した頃、ハドソルは衛星ヤヴィン4にあるグレート・テンプル基地に配属されていた。ヤヴィンの戦いが始まると、ハドソルはジャン・ドドンナ将軍プリンセスレイア・オーガナと共に司令室で戦況を見守った。デス・スター破壊作戦が成功した後、ハドソルはグレート・テンプルで開かれたロイヤル・アワード・セレモニーに出席し、ルーク・スカイウォーカーハン・ソロチューバッカの活躍を称えた。1 ABYマコ=タ宇宙ドックスターシップの指揮を執っていたハドソルは、基地が帝国軍襲撃を受けた際に命を落とした。

経歴

ヤヴィンの戦い

Medals

ハドソルはヤヴィンの祝勝式典に参加した

人間男性[2]、ボブ・ハドソルは帝国時代共和国再建のための同盟に仕え、司令官を務めた。[4] 0 BBY当時[5]、ハドソルは衛星ヤヴィン4グレート・テンプル基地に配属されていた。この、反乱同盟は銀河帝国が開発した超兵器デス・スター設計図を手に入れた。ジャン・ドドンナ将軍は設計図を解析してこのバトル・ステーションの弱点を突き止め、破壊作戦を立案した。ヤヴィンの戦いが始まると、ハドソルはドドンナやプリンセスレイア・オーガナたちとともにグレート・テンプルの作戦室でレッド中隊ゴールド中隊の戦いを見守った。反乱同盟は多くのパイロットを失ったが、ルーク・スカイウォーカープロトン魚雷排熱孔に命中させ、バトル・ステーションを破壊することに成功した。戦いが終わった後、グレート・テンプルでロイヤル・アワード・セレモニーが開催され、勝利に貢献したルークと密輸業者ハン・ソロ勇気記章が授与された。ハドソルも他の反乱軍将校たちとともに式典に参加し、ステージの上で授与式の模様を見守った。[2]

マコ=タ宇宙ドック

1 ABY、レイアがモン・カラマリ通商艦隊アーチャ摂政同盟軍に引き込む交渉に失敗した後、ハドソルはマコ=タ宇宙ドックで開かれた同盟軍最高司令部の会合に参加した。レイアはこの会合でアーチャとのやり取りを報告し、帝国の囚人となっているモン・カラマリリー=チャーを救出することができれば、彼らの艦隊を味方につけることができるかもしれないと主張した。その後レイアは計画を実現し、モン・カラマリの反乱を発生させることに成功した。[3] 同盟軍艦隊の味方となったモン・カラマリ・スター・クルーザーはマコ=タ基地に集まり、戦闘用の改修を受けた。ハドソルはそのうち1隻の指揮官に任命された。しかしダース・ヴェイダー率いるデス小艦隊がマコ=タ基地を襲撃した際、反乱同盟のクルーザートリオス女王の破壊工作によって身動きが取れなくなり、次々とレーザー砲の餌食になった。ハドソルもデス小艦隊の攻撃で宇宙船を破壊され、命を落とした。[1]

個性と特徴

Leia and Bob

レイア・オーガナとボブ・ハドソル

ボブ・ハドソル司令官は白人種の人間男性で、は茶色、はヤヴィンの戦い当時白髪になっていた。[2] ハドソルはマコ=タ宇宙ドックで宇宙船の指揮官を任され、自分の船が1番最初に改修を完了して試験をパスしたことを誇りに思っていた。[1]

装備

ボブ・ハドソルは茶色のシャツの上にベージュのジャケットを身に着けていた。ヤヴィンの戦い当時、彼は右胸に青い丸が5つの反乱軍階級章をつけていた。[2] マコ=タ基地で会議に参加した頃は、赤い丸5つの階級章に代わっていた。[3]

制作の舞台裏

ボブ・ハドソルは1977年公開のオリジナル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で初登場を果たした。俳優はジョン・ウィリアム・オールトだが、クレジットはされていない。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。