「今日はとことんツイてねえな」
ガラゼブ・オレリオス[出典]

ボンザミ(Bonzami)はジオノーシス衛星バーリンに棲んでいた4本足の巨大なクリーチャー。ブラスターの銃弾にも耐えうる頑丈な体を持ち、バーリンの極寒の環境に適応していた。

生態と特徴

ボンザミは極寒の気候に適応した4本足の巨大な種族だった。ボンザミは角状の口と堅い装甲に守られた頭部、非常に鋭い歯を持っていた。体の大部分を覆う白い毛皮のおかげで、ボンザミは氷のように冷え切った環境で大きな体を隠すことができた。ボンザミは群れを成して獲物を襲撃したが、単独で敵を襲うこともあった。

歴史

ボンザミはアウター・リム・テリトリー惑星ジオノーシスの15のの1つ、バーリンに棲んでいた。ヤヴィンの戦いの3前、帝国保安局エージェントアレクザンダー・カラス反乱者ガラゼブ・オレリオスの乗る脱出ポッドがバーリンに不時着した。彼らはバーリンから生きて戻るために一時休戦し、洞窟の暗がりから姿を現したボンザミをボー=ライフルで撃退した。ボンザミは群れを成して戻ってきたが、カラスとオレリオスは氷の柱を登って地表を目指し、間一髪のところでボンザミから逃げ切った。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。