Fandom


ボーガ(Boga)はクローン戦争期に惑星ウータパウパウ・シティで飼育されていたヴァラクティルである。

特徴

ボーガはヴァラクティルで、体長は15メートル、肩までの高さが4メートルあった。彼女の肌は光沢のある青緑で、顔のまわりと背中に沿って鮮やかな羽毛が生えていた。他のヴァラクティルと同様、ボーガの5本の指には曲がった爪が生えており、長い尻尾は走る際に体のバランスを保つ役に立った。[4]

経歴

クローン戦争終盤の19 BBY独立星系連合グリーヴァス将軍戦うためウータパウにやって来たジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ[2]、地元のウータパウンが騎乗用クリーチャーを育てている囲いを訪れ、面倒見が良くて勇敢な性格のボーガを選んだ。[4] パウ・シティでグリーヴァスを発見したケノービは、ボーガから降りて1体1の対決に臨んだが、グリーヴァスがホイール・バイクで逃走を図ると再びボーガにまたがってその後を追った。[2]

グリーヴァスを倒した後、ケノービはボーガに乗ってクローン・コマンダーコーディのもとへ戻り、先ほどの戦闘中に落としたライトセーバーを受け取った。コーディは前線に向かって走り出すケノービを見送ったが、その直後にオーダー66が発令されると、部下にジェダイ・マスターへの砲撃を命じた。ケノービとボーガはAT-TEウォーカーの攻撃でバランスを崩し、パウ・シティの岩壁から都市の底の湖へ落下する。ケノービはこの奇襲を生き延びたが[2]、哀れなヴァラクティルはオーダー66の犠牲者となった。[3]

登場エピソード

Kenobiandboga

ボーガの最期

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。