Fandom


ポンズ・オーラ(Pons Ora)はアウター・リム・テリトリー砂漠惑星アバファーにあった小さなザ・ヴォイドと呼ばれる広大な砂漠の中にあり、さまざまな種族の住民が暮らしていた。クローン戦争中、分離主義勢力はポンズ・オーラでライドニウムを収集した。

特徴

ポンズ・オーラは惑星アバファー砂漠の縦横に走る大きな溝の中に築かれていた。アバファーにある数少ない居住区のひとつで、ライドニウム採鉱施設が存在した。町の中心には給水塔があり、周囲には飲食店アドミラル・スナックバーパワー・スライダーズ、商業施設ゲーム・ゴーバウンティ・エンポリアムアダプト=ア=ワンパランド・オー・ケープスドクター・エヴァザン美容外科等の建物があった。銀河共和国末期、ポンズ・オーラの商業施設の多くは既に廃業していた。

歴史

クローン戦争中、独立星系連合はポンズ・オーラにライドニウム採鉱施設を設置した。彼らはアバファーのライドニウムを爆弾として使い、銀河共和国戦略会議を襲撃するつもりだった。分離主義者の計画は、偶然ポンズ・オーラに流れ着いたクローン・コマンドーCC-5576-39(グレガー)や、ミーバー・ガスコン大佐D分隊によって挫かれた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。