Fandom


「仲間の連中が賭けてたんだぜ。あんたらの船が嵐の中現れた時。着陸できるかできないか」
「賭けは勝ったのか?」
「俺は参加しなかった」
―ウェッジ・アンティリーズとセイン・カイレル[出典]

<マイティ・オーク・アポカリプス>(Mighty Oak Apocalypse)、略称<モア>(Moa)はウーキーローガラ船長を務めた[3] YT-2400軽貨物船である。[2] 船名はローガラの母語であるシリウーク語に直すとより恐ろしげな響きとなった。帝国時代、<モア>は合法的な荷物を専門に運んでいたが、主に辺境で活動したため、銀河帝国の監視が問題になることはほとんどなかった。銀河内戦の時代、<モア>のクルーはローガラ船長の他にターサントブリルアイソリアンメスワット・タンアストロメク・ドロイドJJH2から成り、一時期セイン・カイレルパイロットを務めたこともあった。[3]

歴史

「この船はわたしが雇う」
―レイア・オーガナ[出典]

3 BBYコルサント格納庫にて、青年議会のメンバーであるアミリン・ホルド故郷ガタレンタで開かれる瞑想セッションに参加するため、<モア>を輸送船として雇った。同じく青年議会の代表であるチャセロン・ステヴィスアケニスで開かれるオークションに参加したいと思っていたため、<モア>の前でホルドと口論を繰り広げた。その時、2人の学友であるプリンセスレイア・オーガナが格納庫に現れ、自分がこの船を雇うと宣言した。レイアが差し迫った事情を抱えていることに気づいたホルドは、船の使用権を譲る代わりに、彼女の任務に同行した。その後2人は<モア>でパマースへ旅し、追跡を避けるためそこで別の船に乗り換え、ポークリス・メジャーへ向かった。[4]

0 ABYヤヴィンの戦いの7ヶ後、銀河帝国から逃亡した元TIEファイター・パイロットセイン・カイレルが<モア>のクルーに加わった。地震に見舞われた惑星、オウランヌへの補給物資運搬を行った際、セインは危険なメガハリケーンの中を航行し、無事に<モア>を地上へ着陸させた。その後、クルーは同じく救援任務に駆けつけていた反乱軍パイロットのグループと出会う。セインはグループのリーダーであるウェッジ・アンティリーズから反乱軍に誘われ、<モア>のクルーを抜けることを決意した。[3]

4 ABYエンドアの戦いの準備が行われていた時、<モア>は同盟軍艦隊と合流し、数隻のドーニアン・ガンシップスターファイターとともに5251977の秘密基地にしばらく滞在した。クルーはここでコロナ中隊パイロットとして活躍していたセイン・カイレルと再会する。その後<モア>はMC80スター・クルーザーの<リバティ>へ移動した。[3]

エンドアの戦いの後、新共和国が帝国の圧政で苦しんだ人々に補償金を支払い始めた際、ウーキーのひとりとして金を受け取ったローガラは、この資金で<モア>の新しいエンジンを買おうと計画した。[3]

制作の舞台裏

<マイティ・オーク・アポカリプス>は2015年に「ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒」キャンペーンの一環として発売された正史のヤング・アダルト小説『ロスト・スターズ』(クラウディア・グレイ著)で初登場を果たした。小宮山優作による『ロスト・スターズ』のウェブコミック版で初めてビジュルが描かれ、船種がYT-2400軽貨物船であることが判明した。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。