Fandom


マイノック・ミニット(Mynock Minute)はアッブラ・モルブロが所有していたファジアー馬である。31 ABYドゥーニウム・ストライクテイク・フライトのあいだに生まれ、ファジアー・レースの競走馬として育てられた。34 ABY当時、マイノック・ミニットは惑星カントニカカント・バイト・レース場でレースに参加し、ジス・ガッバードジョッキーを務めた。[1]

制作の舞台裏

マイノック・ミニットという名前はもともと、『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』製作中にルーカスフィルム ストーリー・グループのスタッフであるパブロ・ヒダルゴライアン・ジョンソン監督に提案したファジアーのネーミングのひとつだった。他の候補としてホス・スタッフケッセル・ランナーという名前も挙がっていた。ジョンソンがホス・スタッフを採用したため、残りの2つの名前は短編小説『ゲームのルール』やレプリカ・ジャーナル『最後のジェダイ:ローズ・ティコ:レジスタンス・ファイター』で再利用されることになった。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。