マクロバイノキュラーを使うルーク・スカイウォーカー

マクロバイノキュラー(Macrobinoculars)は遠く離れたものを拡大して見るために使う小型の携帯機械である。覗き穴がふたつあり、二次元的な画像を提供するモノキュラーテレスコープと違って三次元的な画像を映し出した。通常、マクロバイノキュラーはエレクトロバイノキュラーよりも性能が低かったが、農夫やハンター、非先進的な軍隊のあいだで一般的に使用されていた。グンガングランド・アーミーが使うファーシーインも一種のマクロバイノキュラーである。[1] また、マンダロリアンヘルメットの顔面部のT字型バイザーはマクロバイノキュラー・ビュープレートと呼ばれた。[2]

センサーを備えたドロイドでもマクロバイノキュラーを使用することがあった。バトル・ドロイドのビジョンは人間の視界並だったため、OOMコマンド・バトル・ドロイドは戦場においてマクロバイノキュラーを使用した。[3]

登場エピソード

参考資料

マクロバイノキュラーの視界

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。