Wookieepedia
Advertisement

マタオゥ(Mataou)はアウター・リム・テリトリーアノート宙域マタオゥ星系に属す高温な砂漠惑星アイヴァックス・ネビュラの端に位置した。銀河内戦のはるか昔、マタオゥはヌダカジディクをはじめとするハットによって統治されていた。ハットの最盛期、マタオゥには古代ハット様式の巨大な建築物が建てられた。

銀河帝国時代、ハットの支配者たちは既にマタオゥを放棄していた。この頃、惑星の住民は主にロー・ハイパと呼ばれるヘビを飼育し、医薬品としての価値がある毒を採取して生計を立てていた。また、かつてハットに仕えた一部の住民は犯罪組織を再建し、この星を根城にした。マタオゥはコレリアン・トレード・スパインを抜けてアイソン・トレード・コリダーへ入る宇宙船の再ジャンプ地点に位置しており、銀河帝国にとって地理的な要所だった(むしろ、帝国にとってマタオゥはそれ以外にほとんど価値のない惑星だった)。

エンドアの戦いの後、トレード・スパイン・リーグユーブリック・アデルハード総督による鉄の封鎖の弱点を探るため、“ザ・スマグラー”と呼ばれる人物の助けを借りてハットの古いセンサー・システムを復活させた。その結果、彼らは帝国を出し抜く方法を突き止めた。その後、マタオゥに拠点を作ろうとしていた抵抗勢力アップライジングを押さえつけるため、帝国はマタオゥの支配権を維持しようとした。

登場作品

他言語版
Advertisement