FANDOM


「艦長、ヴェイダー卿が報告を求めておられます」
―ロース・ニーダ艦長に対し、マッケイ[出典]

マッケイ(M'Kae)は人間男性で、銀河帝国宇宙艦隊に仕えた通信士官である。銀河帝国と共和国再建のための同盟銀河内戦と呼ばれる紛争を繰り広げていた頃、マッケイはロース・ニーダ艦長を務めるインペリアルII級スター・デストロイヤーアヴェンジャー>に乗り込み、この軍艦ブリッジのクルー・ピットで職務に就いていた。

3 ABYに発生したホスの戦いの直後、<アヴェンジャー>を含むデス小艦隊スターシップ惑星ホスから逃げ出した反乱同盟軍のYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>を追跡する任務を与えられた。しかし<ファルコン>はハン・ソロ船長の巧みなトリックで帝国軍を撒き、<アヴェンジャー>のスキャナーから姿を消した。その後、マッケイ通信士官シス卿ダース・ヴェイダーが任務の進捗状況に関する報告を求めていることをニーダ艦長に知らせた。

経歴

<ファルコン>追跡

MKae crew pit

<アヴェンジャー>で働くマッケイ

人間男性、マッケイ[2]銀河帝国宇宙軍に仕え、インペリアルII級スター・デストロイヤーアヴェンジャー>のブリッジにあるクルー・ピットで[1] 通信士官を担当していた。[3] 銀河内戦まっただなかの3 ABY[4]、<アヴェンジャー>は惑星ホスエコー基地に隠れている共和国再建のための同盟を叩くため、シス卿ダース・ヴェイダー率いるデス小艦隊の一員としてホス星系へジャンプした。[1]

帝国軍ホスの戦いに勝利したが、多くの反乱軍宇宙船インペリアル級スター・デストロイヤーの封鎖を破り、の惑星から脱出した。ヴェイダーの指示のもと、<アヴェンジャー>は他のスター・デストロイヤーを数隻引き連れ、<ミレニアム・ファルコン>という名の反乱軍のYT-1300軽貨物船を追跡することになった。<ファルコン>は捕獲を免れるためしばらくホス小惑星帯に姿を隠したが、ハイパースペースにジャンプするため小惑星帯のなかから出てきたところを、<アヴェンジャー>と遭遇した。[1]

任務失敗

MKaeAndFriends-ESBBR

ヴェイダーの言葉をニーダに伝えるマッケイ

<ミレニアム・ファルコン>の船長である密輸業者ハン・ソロハイパードライブが機能していないことに気づき、軽貨物船を旋回させて<アヴェンジャー>のブリッジに向かって突進した。スター・デストロイヤーの指揮官であるロース・ニーダ艦長がシールドを起動するよう指示を出すと、マッケイはすぐにピットのコンソールに手を伸ばしてスイッチを操作した。しかし<ファルコン>は<アヴェンジャー>のブリッジを衝突すれすれでかすめるようにして飛び去り、ビューポート付近にいたニーダ艦長たちは思わず身をかがめた。[1]

<ファルコン>がビューポートの視界から消えた後、ニーダはすぐに追跡を続行するよう部下に命じたが、軽貨物船は<アヴェンジャー>のスキャナーからも消失してしまっていた。その直後、マッケイはヴェイダーから<ファルコン>追跡任務の進捗状況を尋ねる連絡がきていることをニーダ艦長に伝えた。ニーダは直接ヴェイダーに会いに行って失敗を謝罪したが、その場で処刑された。一方<ファルコン>は、<アヴェンジャー>のブリッジ・タワーの裏側に張り付くことでスキャナーによる探査を免れていた。<ファルコン>はスター・デストロイヤーの投棄物に紛れて帝国艦隊から逃げおおせたが、賞金稼ぎボバ・フェットに見つかり、のちにベスピンでヴェイダーに追いつめられた。[1]

個性と特徴

マッケイは白人種の人間男性で、は茶色、髪のはダークブロンドだった。[1]

装備

<アヴェンジャー>で通信士官として働いていた時、マッケイは薄灰色の帝国軍将校軍服を着用し、濃灰色のキャップをかぶり、通信用のヘッドセットを着用していた。[1]

制作の舞台裏

マッケイは1980年に公開されたオリジナル・トリロジー第2作『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』に登場したキャラクターである。俳優はマーク・カプリ。キャラクターの名前は劇中では明かされておらず、脚本では「通信士官」と呼ばれている。正史設定においては、2019年に発売されたThe Topps Company, Inc.のトレーディング・カードで初めて名前が判明した。

レジェンズ設定においては、映画公開よりも先にドナルド・F・グルートによる映画のノベライズで初登場を果たした。またキャラクターの名前の初出は、1997年に発売されたスター・ウォーズ カスタマイザブル・カードゲームの「Dagobah Limited」セットである。

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。