Fandom


TheMandalorianChapter1

“ネタバレを踏んで行くか…冷たくなって行くか”

※ネタバレ注意:このページはTVドラマ・シリーズ『マンダロリアン』のネタバレ情報を含みます。

マッドホーン(Mudhorn)は惑星アーヴァラ7に棲息していた、巨大な一本角を備えたクリーチャーである。マッドホーンの卵ジャワたちにとって珍味だった。

生態と特徴

マッドホーンは頭部に巨大な角を持ち、は平たく、い毛皮に覆われていた。マッドホーンは生のクリーチャーで、住処である洞窟の奥で卵を温めた。もマッドホーンの成獣と同様に毛に覆われており、中には卵黄が詰まっていた。[1]

歴史

9 ABY賞金稼ぎの“マンダロリアン”は、ジャワに盗まれた<レイザー・クレスト>の部品を取り戻すためやむを得ずジャワの要求を飲み、マッドホーンの洞窟から卵を手に入れてくることになった。マンダロリアンはマッドホーンとの対決であやうく命を落としかけたが、フォース=センシティブの“ザ・チャイルド”がテレキネシスを使ってピンチを救い、マンダロリアンがマッドホーンを殺すチャンスを作った。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。