Fandom


マフタック(Muftak)は帝国時代砂漠惑星タトゥイーンでスリ師をしていたタルズ男性である。雪に覆われた惑星オルトー・プルトニア出身のマフタックは、タトゥイーンの暑さを避けるためモス・アイズリー宇宙港カンティーナに入り浸った。薄暗い酒場は誰かのポケットの中身を盗み取るのにも好都合だった。オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーがカンティーナでハン・ソロチューバッカと出会った日、マフタックも店内に居合わせた。

経歴

Muftak drinking

カンティーナにて、マフタック

タルズ男性、マフタックは種族母星であるオルトー・プルトニアに生まれたが、生後間もなく惑星タトゥイーンモス・アイズリー宇宙港の通りに捨てられた。そのためマフタックは自分の種族に関する知識も、故郷の惑星についても何ひとつ知らないまま育ち、自分は他の皆と違うと感じながら大きくなった。やがて彼はスリ師になり[1]ドッキング・ベイ83の地下にある[3] 放棄されたトンネルを住居にした。[1] 本来雪国の種族であるマフタックはタトゥイーンの暑さを避けるためチャルマンのカンティーナに足繁く通うようになった。この薄暗い酒場は、誰かのポケットから盗みを働くのにも最適な場所だった。[4] マフタックはカンティーナの多種多様な常連たちと親しく、飲んでいない時はチャドラ=ファンカーベと一緒に盗みの計画を立てた。[1]

0 BBYジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ水分農夫ルーク・スカイウォーカーが惑星オルデランまで運んでくれるパイロットを探すためカンティーナにやってきた時[2]、マフタックもこの店で飲んでいた。[1] ビスライリン・カーンアビシンマイオサキヤンジャス・パーと同じテーブルを囲んでいたマフタックは、来店したばかりの2人がドクターコーネリアス・エヴァザンポンダ・バーバとトラブルを起こし、最終的にケノービがライトセーバーを使ってごろつきたちを斬りつけるのを目撃した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。