「お前の無能さにはほとほと愛想が尽きたぞ、ママート提督。その言い訳も聞き飽きた」
―ダース・ヴェイダー[出典]

ママート(Mummert)は人間男性で、銀河帝国宇宙艦隊に仕えた提督である。ある時、ママートはシス卿ダース・ヴェイダーからホートロ星系艦隊を配備するよう命じられた。しかし帝国の艦船が散らばっており、師団の編成が困難だったため、ママートは期日までに命令を完了することができなかった。ママートは旗艦のスター・デストロイヤーにいるヴェイダーに連絡を取り、報告を行ったが、シスは提督の言い訳を聞き入れなかった。ヴェイダーはママートを無能と詰り、フォースを使って遠隔で彼の首を締め殺害した。[2]

制作の舞台裏

ママートは2017年発売の『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿』#1に収録されたミニ=コミック『No Good Deed...』(クリス・イリオパウロスジョーディー・ベレヤー作)で初登場を果たした。翻訳版は単行本『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 帝国の爪牙』に収録されている。[2]

原書では、同じページの中でママートが提督と呼ばれているコマと、将軍と呼ばれているコマがある。ママートが艦隊の配備を担当していることと、ママートの後に別の将軍が登場することから、正しいのは提督と思われる。また翻訳版ではどちらのコマも提督に直されている。[2]

登場エピソード

脚注

  1. ママートのは『No Good Deed...』で描かれた。本作の時系列は銀河帝国誕生以降で、ダース・ヴェイダー旗艦が<ペリラス>になる以前である。『スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』で判明している時系列に照らし合わせると、年代は19 BBY14 BBYということになる。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 No Good Deed...
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。