Fandom


「マラステアに備蓄された燃料を手に入れるには協定の締結が不可欠。我々の軍隊の命綱ですからな」
パルパティーン[出典]

マラステリアン燃料(Malastarian fuel)はミッド・リム惑星マラステアのコアから採取される液体燃料である。原住民のダグ種族はこの燃料の性を利用し、天敵のジロ・ビーストをほぼ絶滅へ追い込んだ。

歴史

クローン戦争中、銀河共和国は戦争活動に必要なマラステリアン燃料を確保するため、マラステアから独立星系連合の侵略部隊を追い払う手助けをした。共和国グランド・アーミーが敵のバトル・ドロイドを倒すため新型のエレクトロ=プロトン爆弾を使用した結果、地中深くからジロ・ビーストの最後の生き残りが姿を現したため、ダグのドージナカ・ウラスはマラステリアン燃料を使った伝統的な手法での撃退を試みた。ジロ・ビーストが燃料の攻撃を逃れて地上に出てきた後、共和国はダグの代わりにスタン・キャノン・タンクで巨獣を麻痺させ、ダグ評議会と燃料取り引きに関する協定を結んだ。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。