Fandom


マンダロリアン・シークレット・サービス(Mandalorian secret service)はマンダロリアン・ガードのエリート・ユニットで、惑星マンダロア首都サンダーリで活動した新マンダロリアン政府の法執行機関である。

概要

マンダロリアン・シークレット・サービスは惑星マンダロア首都サンダーリ法執行機関の役割を果たした。彼らは警棒暴動鎮圧用シールドで武装し、マンダロリアン・ガードと同じタイプのアーマーを身に着けていたが、通常のガードと違ってヘルメットい模様が入っていた。彼らの肩当てなどにマーキングされた記章には、マンダロリアン文字で“マンダロアを守るために”(In Defense of Mandalore)と書かれていた。[1]

歴史

MandoSecretService-TA

マンダロリアン・シークレット・サービス

銀河共和国時代の末期、シークレット・サービスはマンダロリアン・ガードの一部隊としてサティーン・クライズ女公爵率いる新マンダロリアン政府に仕えた。クローン戦争中、シークレット・サービスの一部のメンバーは、違法な闇市場で私腹を肥やすアルメク首相の陰謀に加担していた。21 BBY、アルメクの陰謀はジェダイパダワンアソーカ・タノ王立アカデミー候補生たちによって暴かれた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。