Fandom


マンダロリアン・レジスタンス(Mandalorian resistance)は銀河帝国に対して反旗を翻したマンダロリアンの抵抗勢力である。銀河帝国に忠実な惑星マンダロアタイバー・サクソン総督が死んだ後、クライズ氏族のリーダーであるレディボ=カターン・クライズのもとに集った複数のマンダロリアン氏族からなる。

歴史

発端

クローン戦争末期、レディボ=カターン・クライズジェダイ・オーダーによって惑星マンダロア摂政に任命された。その後間もなく戦争は終結し、銀河共和国銀河帝国再編された。[1] ボ=カターンは帝国によるマンダロアの占領を不服とし、またしてもこの星に暴力が吹き荒れることになった。[2] 彼女は帝国に忠実なサクソン氏族に裏切られ、やがてインペリアル・スーパー・コマンドーガー・サクソンがマンダロアの総督に任命された。[3]

内戦

2 BBY、ガー・サクソン率いるスーパー・コマンドーがクローネストレン氏族衝突した。サクソン総督はスペクターズ反乱分子のメンバーであるサビーヌ・レンとの対決に破れて命を落とし、新たなマンダロリアン内戦が勃発した。[3] 1 BBYの時点で、レン氏族はクライズ氏族ナイト・アウルフェン・ラウ率いるジャーニーマン・プロテクターと手を結んでいた。この年、彼らは反乱同盟の助けも借り、ガー・サクソンの兄弟であるタイバー・サクソン総督と戦った。サクソンを倒してAT-DPアーク・キャノン試作型破壊した後、ボ=カターン・クライズはサビーヌからダークセーバーを受け継ぎ、指導者“マンダロア”となった。クライズ司令キャンプに集結したエルダー氏族ヴィズラ氏族ルック氏族を始めとするマンダロリアン戦士たちはレディ・クライズに忠誠を誓い、マンダロリアン・レジスタンスとして帝国に反旗を翻した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。