Fandom


類似した名称の記事はマンダロリアン戦争(曖昧さ回避)を参照
「モールはよほどあんたを殺したいようね」
「君の知らない事情があるのさ」
ボ=カターン・クライズオビ=ワン・ケノービ[出典]

マンダロリアン内戦(Mandalorian civil war)はクローン戦争終盤の19 BBY惑星マンダロア首都サンダーリで発生した紛争である。当時マンダロアはシス卿ダース・モール率いる犯罪勢力シャドウ・コレクティヴの支配下に入ったばかりで、デス・ウォッチに所属するマンダロリアン戦士は、新指導者であるモールに忠誠を誓う者と、新政府に反旗を翻した抵抗勢力に二分されていた。モールに忠実な戦士は“マンダロリアン・スーパー・コマンドー”となり、ボ=カターン・クライズ率いる抵抗勢力“ナイト・アウル”と内戦を繰り広げた。

ナイト・アウルはモールによって排斥された新マンダロリアン政府の長、サティーン・クライズ女公爵の救出を試みたが、失敗に終わった。サティーンのかつての恋人であるジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービもマンダロアに駆けつけたが、女公爵を解放することはできなかった。モールはオビ=ワンへの積年の恨みを果たすため、彼が見ている前でサティーンを殺害する。その後オビ=ワンはボ=カターンに助けられて自由の身となり、激しい内戦の真っ只中にあるサンダーリから脱出した。その際、ボ=カターンは銀河共和国にマンダロアの現状を伝えるようオビ=ワンに頼んだ。ボ=カターンは例え共和国軍がマンダロアに進駐する結果となっても、モールが倒されるならば構わないと考えていたのである。

マンダロアで内戦が続く中、かつての弟子の復活に気づいたシスの暗黒卿ダース・シディアスが、新たな脅威を排除すべくサンダーリに足を運んだ。彼は宮殿で繰り広げられた対決でモールの弟サヴァージ・オプレスを殺害し、かつての弟子を捕虜にとった。シディアスに連れ去られたモールは、スティジョン・プライムにあるスパイア監獄に収監されたが、のちに忠実なスーパー・コマンドーの助けを借りて脱獄し、再び共和国や分離主義勢力と敵対した。クローン戦争終結時、モールはマンダロア包囲戦でこの惑星の支配権を失った。間もなくマンダロアは銀河帝国の支配下に入ったが、やがて帝国に忠実な兵士反体制派のあいだで、新たなる内戦が繰り広げられることとなった。

背景

Blue Glass Arrow 詳細はマンダロアの占領を参照
「この剣にかけて宣言する。我こそがデス・ウォッチの正当な指導者だ」
「認めぬ! よそ者などにマンダロアを渡せるものか!」
「従わぬと言うなら、死んでもらうしかないな」
「お前らは皆裏切り者だ!」
「残念ながら、歴史は敗者の声を聞かぬ。奴らを処刑せよ!」
ダース・モールボ=カターン・クライズ[出典]

クローン戦争終盤の19 BBY[4]シャドウ・コレクティヴと呼ばれる犯罪同盟が新マンダロリアン政権を倒し惑星マンダロアの支配権を握った。一連の事件は、ブラック・サンスパイス売人のパイク・シンジケートハット・クランといった犯罪勢力のギャングたちがマンダロアの首都であるサンダーリで暴動を起こしたことから始まった。市民がパニックに陥った後、それまでマンダロアから追放されていたマンダロリアン戦士の過激分子デス・ウォッチが姿を現し、無力な新マンダロリアン政権に代わって犯罪者たちを討伐した。市民は知らなかったが、デス・ウォッチは犯罪者たちと裏で手を結んでおり、全てはシャドウ・コレクティヴのリーダーであるシス卿ダース・モールがマンダロアを手中に収めるために仕組んだ茶番に過ぎなかった。[2]

デス・ウォッチの戦士がサンダーリを荒らし回っていたギャングを手際よく退治すると、マンダロリアンの市民は彼らを救世主として迎え入れた。世論を味方につけたデス・ウォッチは、プレ・ヴィズラ指揮のもとサンダーリ宮殿に押し入り、新マンダロリアン政府の指導者であるサティーン・クライズ女公爵を失脚に追い込んだ。デス・ウォッチに捕まったクライズは、サンダーリの刑務所に収監された。自らの目的を達成したヴィズラは、協力関係にあったモールやその弟サヴァージ・オプレスを裏切り、彼らもクライズと同様に刑務所に放り込んだ。[2]

Almec'sCommandos

モールの傀儡政府の長となったアルメク

しかしヴィズラによるマンダロア支配は短命に終わった。ヴィズラの裏切りを予期していたダース・モールとオプレスは、いともたやすく監房から脱出し、闇市場汚職事件で刑務所に入れられていた新マンダロリアン政府のアルメク首相を味方につけた。モールはアルメクを表向きの指導者とする傀儡政府の樹立を企て、刑務所から脱獄してサンダーリの宮殿に押し入った。彼はマンダロリアンのしきたりに則った一対一の決闘をヴィズラに申し込み、指導者の地位を賭けて熾烈な戦いを繰り広げた。モールはこの対決に勝利し、敗北を認めたヴィズラの首をダークセーバーで切り落とした。[2]

その場にいたデス・ウォッチのメンバーの多くが、マンダロリアンの伝統に従い、ダース・モールを新しい指導者として受け入れた。しかしヴィズラの副官であったボ=カターン・クライズ率いる[2] ナイト・アウル[5] 一派は他所者をリーダーにすることを拒否し、他のデス・ウォッチ兵士と戦いながら宮殿から逃げ去った。その後、アルメクはマンダロアの首相として返り咲き、モールの操り人形としてマンダロリアンの民を統治することになった。[2] そしてモールに忠実なデス・ウォッチの兵士たちは“マンダロリアン・スーパー・コマンドー”となり[6]、ボ=カターン・クライズのナイト・アウル勢力と内戦状態になった。[1]

内戦

女公爵の死

「サティーンとデス・ウォッチの確執は何年も前から続いていました。しかしパダワン・タノの報告によれば、奴らと分離主義者の関係は既に切れています。もしマンダロアが侵略を受けたとすれば、デス・ウォッチ単独の行動と考えて良いでしょう」
「分離主義者が関与していないとすれば、これはマンダロリアン同士の内戦ということだ。助けることはできんな」
オビ=ワン・ケノービキ=アディ=ムンディ[出典]
RescueofSatine

女公爵を救出して逃げるボ=カターン一味

アルメク首相の傀儡政府が樹立された後、ボ=カターン・クライズは実のであるサティーン・クライズ女公爵を救出するため、甥のコーキー・クライズとともにサンダーリ刑務所に侵入した。かつては敵対関係にあった姉を監房から解放したボ=カターンは、刑務所の外でコーキーの友人であるエイミスソニーラゴスらと合流し、女公爵を安全な場所へ連れ出そうとした。しかしサティーンをエアスピーダーに乗せて出発した直後、マンダロリアン・スーパー・コマンドーの1人が異常事態に気づき、仲間たちを連れて追撃を開始した。ボ=カターンたちはジェットパックを使った空中戦で応戦したものの、新たな敵が次々と現れ、追跡を振り切ることができなかった。[1]

ナイト・アウルの戦士たちがスーパー・コマンドーと戦う間も、サティーンやコーキーたちの乗るエアスピーダーはサンダーリの外部ドックを目指して飛行した。ナイト・アウルの抵抗もむなしく、エアスピーダーはスーパー・コマンドーの攻撃に被弾して制御を失い、外部ドックへの不時着を余儀なくされた。コーキーとその友人たちが追手と銃撃戦を繰り広げる中、サティーンは友人にして元恋人のジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービに助けを求めるため、通信妨害が及んでいない場所を探し求めた。彼女がコルサントジェダイ・テンプルに救援を求めるメッセージを送っている最中、コーキーはスーパー・コマンドーによって殴り倒された。サティーンも間もなく兵士に包囲されて刑務所に連れ戻されたが、彼女のメッセージは無事にジェダイのもとに届いた。[1]

HoldMeObiWanKenobi-TL

サティーン・クライズの最期

マンダロアが中立星系であるがゆえ、銀河共和国からの助力が期待できなかったため、オビ=ワンはたったひとりでマンダロアの救援に赴くこととなった。彼はジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーから借りた[1] G9リガー級軽貨物船トワイライト[7] でサンダーリを訪れ、スーパー・コマンドーの警備兵を倒して変装用のマンダロリアン・アーマーを手に入れた。彼は刑務所に忍び込んでサティーンを救い出し、盗んだ[1] バルター級スウープ[8] で<トワイライト>を目指した。2人はなんとかドックにたどり着いて<トワイライト>に乗り込み、この軽貨物船レーザー砲でマンダロリアンに応戦しながら離陸の準備を進めた。[1]

<トワイライト>はブラスターの銃撃を浴びながら発進したが、スーパー・コマンドーのジェットパックから放たれたミサイルが直撃して破壊されてしまい、オビ=ワンとサティーンは船体から投げ出された。落下の衝撃を受けたオビ=ワンは、ドックに現れたダース・モールによって容易に捕らえられ、サティーンとともに宮殿へ連行された。[1] 約10年前、オビ=ワンに敗れて心身ともに重傷を負った過去を持つモールは[9][10]、積年の恨みを晴らすべく、このジェダイ・マスターのかつての恋人であるサティーンを本人が見ている前で斬り殺した。その後、モールはオビ=ワンを刑務所へ連行するようスーパー・コマンドーに命じた。[1]

激化する紛争

「共和国に戻ってここの現状を伝えて」
「それだと共和国軍がマンダロアを侵略することになる」
「ええ、そしてモールは死ぬ。でもマンダロアは生き残るわ。これまでもそうだったようにね。さあ行って!」
「君はサティーンの妹なんだな。お悔やみを言うよ」
―ボ=カターン・クライズとオビ=ワン・ケノービ[出典]
NiteOwlsAndKenobi-TheLawless

オビ=ワンを守りながら戦うナイト・アウル

オビ=ワン・ケノービを連行していたスーパー・コマンドーのチームは、サンダーリ刑務所の入り口に到着した直後、ボ=カターン・クライズ率いる反体制派マンダロリアンの奇襲を受けた。モールに忠実なマンダロリアンたちは短い戦いでひとりまたひとりと倒されていき、オビ=ワンは自由の身となった。拘束を外され、ジェットパックを与えられたオビ=ワンは、ナイト・アウルの戦士たちと共に飛行しながらサンダーリからの脱出を試みた。サティーンの部下たちがスーパー・コマンドーの追跡者から護衛してくれたおかげで、オビ=ワンはサンダーリの外部ドックに続くトンネルにたどりつくことができた。[1]

ボ=カターンたちはトンネル内で立ち止まり、ガントレットに搭載された小型携帯式シールドを起動して身を守りながら、スーパー・コマンドーに応戦した。仲間の数が減る中、ボ=カターンの部下のひとりがジェットパックからミサイルを放ち、敵の兵士に直撃させた。その後スーパー・コマンドーもトンネル内にジェットパックで飛び込み、ボ=カターンたちと格闘戦を繰り広げた。一方、反対側のドアを開いたオビ=ワンは、その向こうでもナイト・アウルとスーパー・コマンドーの壮絶な戦いが進行中であり、辺り一帯が戦火に包まれていることに気づく。間もなくボ=カターンたちもトンネル内のスーパー・コマンドーを制圧し、オビ=ワンに続いて外に出た。[1]

BoKatan-Kenobi BattleOfSundari

サンダーリのドックで戦うボ=カターンとオビ=ワン

彼らはそれぞれ異なるリーダーに忠誠を誓うデス・ウォッチ戦士の大規模な内戦の真っ只中に飛び出した。マンダロリアンたちはドックの各地でブラスターの銃撃をかわし、コムルク級ファイター/トランスポートによって新たな戦闘員が戦場に運び込まれた。ナイト・アウルの戦士を配備し終えたコムルク級ファイターのうち1機がドックの上空で減速した際、3人のスーパー・コマンドーが一斉にミサイルを発射し、この戦闘機を撃墜した。そんな中、ナイト・アウルの新たな戦闘機がドックの端に到着し、ボ=カターンは機内に向かうオビ=ワンの背後を守った。[1]

オビ=ワンが戦闘機の昇降口にたどりつくと、ボ=カターンはマンダロアの現状を共和国に伝えるようジェダイ・マスターに指示した。彼女はたとえマンダロアが共和国軍による侵略を受ける結果になったとしても、モールが倒されるならば許容できると考えていたのである。別れ際、オビ=ワンはボ=カターンがサティーンの実妹であることを察し、哀悼の言葉を告げた。その後オビ=ワンはコムルク級ファイターに乗り込み、ボ=カターンやマンダロリアンたちを残してマンダロアから脱出した。[1]

シス卿たちの対決

「シスは常にふたり。そしてそなたは、もはや我が弟子ではない。我には代わりの弟子ができた」
―ダース・シディアス[出典]
SidiousVsMaulSavage-TL

サンダーリの宮殿でダース・モール、サヴァージ・オプレス兄弟とライトセーバーの対決を繰り広げるシディアス

オビ=ワン・ケノービがマンダロアからの脱出を試みていた時、シスの暗黒卿ダース・シディアスを乗せた専用シャトルがサンダーリに到着した。かつての弟子が復活して勢力を増していることを察知したシディアスは、自らその脅威に対処するためマンダロアを訪れたのである。彼はドックで2名のスーパー・コマンドーを始末し、そのまま宮殿を目指した。モールが懐かしい気配を感知した直後、謁見室の入り口を守っていたコマンドーたちがフォースで首を締められて殺され、シディアスが姿を現した。モールは久しぶりに会うシス・マスターの前で跪き、全ては彼のもとへ戻るためにしたことだと主張した。しかしシディアスは今やモールは自分の敵対者だと宣言し、モールとその弟をフォースで押し飛ばした。[1]

宮殿の窓に打ち付けられた後、モールとサヴァージ、シディアスはライトセーバーで2対1の対決を繰り広げた。シディアスは二刀流の戦闘型を使って2人のシスの攻撃をしのぎ、謁見室を移動しながら戦った。シディアスがモールと切り結びながらバルコニーに出た後、サヴァージはシディアスを宮殿の外へ突き飛ばすことに成功した。しかしシディアスはモールとサヴァージの体をフォースで掴み、バルコニーの下の広場まで一緒に落下させた。シディアスは広場における戦いでも2人の敵を相手に引けを取らず、背後に回り込んできたサヴァージを遠くまで蹴り飛ばした後、モールを強力なフォースの一撃で壁に打ち付け、しばらく気絶させた。[1]

ShallWeDance-TL

弟のサヴァージを失い、シディアスに1対1の対決を挑むモール

サヴァージは兄が倒れたため1人で戦うことになったが、シディアスは彼のダブル=ブレード・ライトセーバーから繰り出される攻撃をやすやすと受け流した。シディアスはサヴァージが体制を崩した隙を逃さず、2本のライトセーバーをこのダソミリアンザブラクの胸に突きつけた。目を覚ましたモールがなすすべ無く見守る中、シディアスは致命傷を負ったサヴァージをフォースで広場の下へ投げ飛ばした。サヴァージはそばに駆け寄った兄に自らのふがいなさを侘び、間もなく息を引き取った。その際、かつてマザータルジンがかけた魔法の力が解け、サヴァージは魔法で屈強になる前の本来の姿で死んでいった。[1]

シディアスはシスの“2人の掟”について言及し、自分には代わりの弟子ができたため、もはやモールは用済みだと言い放った。怒りをあらわにしたモールは、ダークセーバーも使って二刀でシディアスに挑みかかり[1]マンダロリアン・キュビズム[11] 壁画の前で戦いを繰り広げた。しかしシディアスの攻撃で両手からライトセーバーを飛ばされたモールは、そのままフォースで体を掴まれ、壁と地面へ激しく打ち付けられた。モールは完全に戦意を喪失して命乞いをしたが、シディアスは彼をフォース・ライトニングでさらに苦しめた。しかし彼はモールにはまだ利用価値があるため、命は奪わずにおいてやると告げ[1]、そのままかつての弟子を捕虜にとった。[12]

その後

Stygeon Prime rescue

スパイアから脱出するモール

シディアスの捕虜となったモールは、惑星スティジョン・プライムにある分離主義勢力の刑務所、スパイアへ連行された。シディアスはモールの背後にいるダソミアの魔女、マザー・タルジンを倒したいと考えており、モールを生かしたままにすることで手がかりを得ようと企んでいたのである。やがてモールは、マンダロリアン・スーパー・コマンドーのローク・カストガー・サクソンの助けを借りてスパイアから脱獄し、再びシャドウ・コレクティヴの指導者として返り咲いた。しかしモールは共和国や独立星系連合との戦いで撤退を強いられ、最終的に故郷ダソミアでシディアス、ドゥークー、グリーヴァス将軍に追い詰められる。タルジンはこの戦いで命を落とし、モールはシャドウ・コレクティヴの指揮権を失って敗走した。[12]

モールは犯罪同盟という権力基盤を失いながらも[12]、クローン戦争終結直前にマンダロアへ舞い戻った。やがて彼は元ジェダイ・パダワンアソーカ・タノや、クローン・キャプテンレックス率いる共和国グランド・アーミー第501軍団とマンダロアの支配権をかけた戦いに臨んだ。この戦いはオーダー66の発令によって混戦となり、アソーカとレックス、モールの双方がマンダロアから逃亡することとなった。[13] その後、マンダロアは新たに誕生した銀河帝国の支配下に入り、一度は内戦に終止符が打たれた。[14] しかし帝国やサクソン氏族に反旗を翻したボ=カターン・クライズが、レン氏族やその他の不満分子と合流し、2 BBYに新たなマンダロリアン内戦の火蓋が切って落とされることとなった。[15][16]

登場エピソード

参考資料

脚注

クローン戦争
銀河系のタイムライン

前:分離主義危機

次:ジェダイの粛清 · ライロスの反乱

クローン戦争の戦い
22 BBY ジオノーシス(I) · アンター4 · 共和国兵員輸送船 · クリストフシス(I) · テス(I) · ジャバの宮殿(I) · ズィロの宮殿 · アーゴナー · ライロス · ルゴサ · アブレガド · リンデリア星系 · カリーダ星雲(I) (II) · ミンバン · ティブリン · リシ・ムーン · ファリーン · ボサウイ · 外回廊 · スカイトップ・ステーション · ローディア(I) · トランクィリティ · ヴァセック3 · ヴァンコア(I) · フローラム(I) · クエル · マリダン · オルトー・プルトニア(I) (II)
21 BBY ナブーの研究所 · アイエゴ · フェルーシア(I) · ジェダイ・テンプル(I) · デヴァロン(I) · グリー・アンセルム · ローディア(II) · ナブー(I) · ブラック・ストール・ステーション · ムスタファー(I) · フェルーシア医療ステーション · フェルーシア(II) · マラステア · ジロ・ビースト事件 · ケイト・ニモーディア(I) · マーカナ · Dorin · Geonosis (II) · Dantooine · TB-73 · Capture of Eeth Koth · Saleucami (I) · Republic cruiser · Concordia · Coronet · Plot to assassinate Satine Kryze · Endurance · Vanqor (II) · Florrum (II) · Mandalore (I) · Sundari docks · カミーノ · パントラ · 元老院人質事件 · テス(II) · コルサント中央送電網 · 連合市民への攻撃
20 BBY サラスト · セレノー(I) · デヴァロン(II) · トイダリア · モーティス · ローラ・サユー · フェルーシア(III) · Wasskah · Mon Cala · Naboo (II) · Aleen · Patitite Pattuna · Rescue of Adi Gallia · アンバラ · キロス · ザイゲリア · カダーヴォ · カーラック · Central Detention Center · Orondia · Serenno (II) · Theed · Dathomir (I) · Raydonia (I) and (II) · オンダロン · クルーシブル · Obi-Wan Kenobi's fleet · Florrum (III) and (IV) · Unidentified planet · Aut-O's flagship · Abafar · Carida · Outer Rim spaceport · Cybloc transfer station · Florrum (V)
19 BBY
アウター・リム包囲作戦
ムスタファー(II) · ナル・ハッタ · ジャバの宮殿(II) · マンダロア(II)
サンダーリ · ケイト・ニモーディア(II) · ジェダイ・テンプル(II) · Republic military base · Capture of Ahsoka Tano · Jedi Temple (III) · Ringo Vinda · Tipoca City · Grand Republic Medical Facility · Level 1325 · Scipio (I) and (II) · Bardotta · Zardossa Stix · Oba Diah · Moraband · Utapau (I) · Anaxes · Yalvik Prime · Skako Minor · マラニー · ハルウン・コル · ラクサス · セレノー(III) · スパイア · ザンバー · オード・マンテル · ヴィズラ・キープ09 · ダソミア(II) · クインラン・ヴォスの救出 · Separatist storage base · Vanqor (III) · クリストフシス(II) · ジェダイ・テンプル(IV) · カルドア · マイギートー(I) · ロコリ · ジオノーシス(III) · コルサント · マンダロア(III) · サルーカマイ(II) · キャッシーク · ウータパウ(II) · マイギートー(II) · フェルーシア(IV) · ケイト・ニモーディア(III) · カラー · パルパティーンの執務室 · ジェダイ・テンプル(V) · オーダー66 · ムスタファー(III)
その他 Agamar · Akiva · Grange · Hypori · Khorm · Merj · Phindar · Roche · Sarrish · Sedratis · Separatist cell · Slag's Pit · Tibrin · Thrugii asteroid belt · Unidentified planet · Unidentified sector · ヴァルト · Zequardia
関連記事
銀河共和国 · ジェダイ・オーダー · シス · 独立星系連合

銀河帝国 · オルデラン難民会議 · 連合=共和国和平交渉案
連合=共和国和平会談 · 共和国戦略会議 · シャドウ・コレクティヴ

  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。