Fandom


Slave I display

マンダロリアン文字が使われた<スレーヴI>のコンピューター・ディスプレイ

マンダロリアン文字(Mandalorian)はマンドア語のアルファベット。惑星マンダロアの住民であるマンダロリアンが使用した。銀河共和国時代の末期、新マンダロリアン政権は日常生活の中で頻繁にマンダロリアン文字を使っていたが、オーラベッシュのアルファベットも随所で使用された。

また、衛星コンコーディアにあったデス・ウォッチアジトの電子チャートや、賞金稼ぎジャンゴ・フェット宇宙船スレーヴI>のコンピューター・ディスプレイにもマンダロリアン文字が使われていた。

制作の舞台裏

このアルファベットはジョージ・ルーカス監督の依頼を受けたホログラフィック・アーティストのフィリップ・メッシャン(Philip Metschan)によって製作された。

登場エピソード

Mandalorian map (1)

フィリップ・メッシャンが製作したアルファベット

参考資料

マンダロリアン
派閥 マンダロリアン・ネオ=クルセイダー - 新マンダロリアン - デス・ウォッチ - ジャーニーマン・プロテクター - ナイト・アウル - マンダロリアン・スーパー・コマンドー - インペリアル・スーパー・コマンドー
氏族 クライズ家クライズ氏族) - ヴィズラ家サクソン氏族 - ヴィズラ氏族 - レン氏族) - エルダー氏族 - ルック氏族
地名 マンダロアサンダーリ - 王立アカデミー) - カレヴァラ - クローネスト - コンコーディア - コンコード・ドーン
兵器 マンダロリアン・アーマー - マンダロリアン・ヴァンブレイス - ウェスター35ブラスター・ピストル - グラップリング・ライン - パラライジング・ダート - 小型携帯式シールド - ジェットパック - ダークセーバー
ビークル アカジョア級シャトル - コムルク級ファイター/トランスポート - バルター級スウープ - ファング・ファイター
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。