Fandom


マンテリアン・セイヴリップ(Mantellian Savrip)は惑星オード・マンテルに起源を持つ爬虫類型知覚種族デジャリック・ボードゲームの駒のモデルになった8種の生き物のうち、セイヴリップは唯一の知覚種族だった。

生態と特徴

マンテリアン・セイヴリップは巨体の爬虫類知覚種族で、体格はヒューマノイド型だった。彼らは非常に簡素な服しか来ておらず、知覚種族ではあったものの、多くの人々からただの動物扱いされていた。

歴史

マンテリアン・セイヴリップはミッド・リム惑星オード・マンテルに起源を持っていた。彼らはしばしば人々の狩猟の対象となった。また、セイヴリップはデジャリックと呼ばれるホログラム・ボードゲームの駒になっていた。このゲームでは現実や神話に登場する生き物を模した8種類の駒が使われたが、セイヴリップはその中で唯一の知覚種族だった。

ヤヴィンの戦いの直前にチューバッカR2-D2が<ミレニアム・ファルコン>の船内でデジャリックの対局をした時、マンテリアン・セイヴリップの駒がキンタン・ストライダーの駒を地面に叩きつけ、勝利を収めた。それから約34年後、<ファルコン>に乗り込んだフィンが誤ってデジャリックのスイッチを入れた時、今度は逆にキンタン・ストライダーがセイヴリップを棍棒で叩きのめした。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。