Wookieepedia
Advertisement

「マーセフ…行きなさい。彼らはあなたを追ってる」
「置いては行けません」
チアータとマーセフ[出典]

マーセフ(Marseph)は銀河共和国時代の末期にジェダイ・マスターチアータのもとで訓練を積んでいた男性ジェダイパダワンである。クローン戦争終盤の19 BBY、マーセフは師匠とともに分離主義勢力ドレッドノートとの戦闘に参加したが、彼らのヴェネター級スター・デストロイヤーは撃墜され、惑星ゼフォに墜落した。彼は墜落を生き延びたが、まもなくオーダー66が発令され、壊れた軍艦の中でクローン・トルーパーに命を狙われることになった。マーセフはなんとかチアータと再合流することができたが、彼女は弟子に逃げるよう命じて息を引き取った。チアータの亡骸を埋葬した後、マーセフも負傷がもとで師匠の後を追うように命を落とした。14 BBY、ヴェネター級艦の残骸を訪れたカル・ケスティスは、サイコメトリーの能力を使ってマーセフとチアータの身に起きたことを知った。[1]

登場作品

脚注

Advertisement