Fandom


マーロ(Marlo)は男性ハットで、銀河共和国時代にハット大評議会のメンバーを務めた犯罪王である。マーロ・ザ・ハットは惑星ナル・ハッタで他のハットと一緒に定期的に会議を行い、クローン戦争中にはザイゲリア奴隷のオークションにも参加していた。

経歴

Hologram of Marlo the Hutt

マーロのホログラム

マーロはハット男性[2]銀河共和国時代の末期に、ハット・クランの五大ファミリーのひとつを代表する長老としてハット大評議会に参加していた。21 BBY、マーロと評議会メンバーのジャバ・デシリジク・ティウレゴーガ・デシリジク・アーポオルバアロク銀河共和国刑務所に入れられたズィロ・ザ・ハットの扱いについて話し合った。ズィロはハット大評議会の犯罪記録を握っていたため、犯罪王たちは彼を共和国の囚人にしておくのは危険過ぎると判断した。評議会はデュロス賞金稼ぎキャド・ベインを雇い、ズィロを脱獄させることにした。[1]

ズィロが脱獄した後、マーロと他の評議員は惑星ナル・ハッタにあるガーデュラ・ベサディ・ジ・エルダー宮殿に集まり、ズィロの釈明を聞いた。ズィロが退室した後、彼らはパロウィックミュージシャンサイ・スヌートルズによる歌を楽しんだ。その後ズィロはナル・ハッタから逃亡したが、スヌートルズが彼を暗殺し、評議会の犯罪記録を回収した。[2]

20 BBY、マーロは惑星ザイゲリアを訪れ、奴隷のオークションに参加した。[3][4] この日、奴隷とその主人に変装したアソーカ・タノアナキン・スカイウォーカーもザイゲリアを訪れていた。[4]

19 BBYシス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスデス・ウォッチマンダロリアン戦士を率いるプレ・ヴィズラがナル・ハッタの宮殿に押しかけたとき、マーロは評議会の会議室に居合わせた。ハットの犯罪王たちはモールが設立したシャドウ・コレクティヴへの助力を拒み、賞金稼ぎに命じて彼らを追い返そうとした。会議室から退却する途中、シスは賞金稼ぎのデンガーをマーロに向かって放り投げた。その後、マーロたちは形勢不利とみて宮殿から脱出し、逃げ遅れたオルバはシスに殺された。[5]

個性と特徴

マーロはハットの男性で、目は紫、肌は砂色で茶色のまだら模様が入っていた。他のハットと同じくマーロには髪の毛がなかったが、シャレリアン・トゥープという名のクリーチャーを頭に乗せていた。[2]

登場エピソード

ACW IA 50863

マーロのコンセプト・アート

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。