ミスター・ボーンズ(Mister Bones)は高度な改造を施され、極めて攻撃的な人格を与えられたB1バトル・ドロイドである。もともと独立星系連合のために製造されたバトル・ドロイドだったが、惑星アキヴァ首都ミラの地下墓地に眠っていたところをテミン・ウェクスリー少年に発見され、再建・再プログラムされた。テミンはこのバトル・ドロイドを個人的なボディガードとして使い、忠実な仲間であると同時に友人とみなしていた。ボーンズはサディスティックな性格の持ち主で、敵を痛めつけているときに鼻歌を歌うことがあった。4 ABY、テミンが母親のノラ・ウェクスリーと再会した際、ミスター・ボーンズはアキヴァの反乱銀河帝国の兵士と戦い、新共和国勝利に貢献する。その後ボーンズとテミンはノラ率いるチームの一員として帝国の戦争犯罪人の討伐任務を開始する。

エンドアの戦い以降の1年、ミスター・ボーンズは主人であるテミンのために戦い続けた。プリンセスレイア・オーガナが夫であるハン・ソロの捜索任務をノラのチームに依頼した際、ボーンズも彼女たちに同伴してイルディルーキャッシークを訪れる。彼はそこでテミンの父親であるブレンティン・ロアー・ウェクスリーを含むアシュミーズ・ロックの囚人たちを解放した。間もなく、帝国残存勢力を率いるガリアス・ラックス元帥の手先が新共和国の本部シャンドリラ攻撃した際も、ボーンズはテミンを補佐した。その後ボーンズはノラのチームのメンバーとともにレイ・スローネ大提督の追跡に参加する。

複数の惑星を旅した後、チームはインナー・リム砂漠の星ジャクーにたどり着く。ノラが帝国軍によって捕らえられた際、ミスター・ボーンズはテミンの指示で救出に出向き、帝国の労働キャンプから彼女を助け出した。その後ボーンズとノラはチームの仲間であるジャス・エマリと合流し、レイ・スローネ大提督の討伐に向かう。ジャクーの戦いのさなか、ラックス元帥が新共和国軍や帝国軍もろともジャクーを破壊しようとしていることが明らかになり、ボーンズとノラはスローネ、ブレンティンらと力を合わせて陰謀を阻止しようとした。戦闘中、ボーンズはノラたちと分かれてテミンと合流する。このドロイドは帝国軍のストームトルーパーからテミンを救ったが、Aウイングによる友軍誤射で破壊されてしまった。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。