Fandom


「真空チューブに行ってもいいかな。まあここでやってもいいんだけど、俺たちミスロルの排泄行為を見たことがないなら、あんたラッキーだよ」
ミスロルの賞金首[出典]

ミスロル(Mythrol)はエラやヒレといった両生類の特徴を備えたヒューマノイド知覚種族である。

生態と特徴

《こいつの腺を見ろ。きっとポートで売れるぞ。若いからムスクが甘い》
人間のトローラー[出典]

ミスロルはヒューマノイド知覚種族で、頭部にエラやヒレなどの両生類の特徴を備えていた。また彼らは脱皮することができた。若いミスロルは甘いムスク(分泌物)を分泌することで知られ、高値がついた。[1]

銀河系におけるミスロル

9 ABY賞金稼ぎギルドに手配されている若いミスロルが、惑星マルド・クレイスにあるバーでトローラーの集団にからまれた。彼らはこのミスロルのムスクを力ずくで手に入れようとしたが、バーに現れた賞金稼ぎの“マンダロリアン”がトローラーたちを撃退し、賞金首であるミスロルを捕まえた。マンダロリアンはこのミスロルを<レイザー・クレスト>でカーボン凍結し、ネヴァロでギルドに引き渡した。[1]

35 ABY当時、巣離れしたミスロルのジュン・ゴビントが支援要員としてレジスタンスに仕えていた。彼はジャングル衛星エイジャン・クロスにあるレジスタンス基地に配属され、スターファイター隊燃料といった消耗品の管理を任されていた。[2]

制作の舞台裏

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』の翻訳版ではマイスロルと表記されている。また本書では、ミスロルのキャラクターに関する説明文で molting が「毛が生え変わ」ると訳されているが、これは「脱皮」とする方が適切と思われる。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。