ミラの総督(Satrapy of Myrra)はアウター・リム惑星アキヴァを統治した政府。首都ミラにある宮殿を本拠地にしていた。銀河内戦の末期、イストラ・ダイラスが総督を務めていた。ダイラス総督は銀河帝国の要求を甘んじて受け入れ、市民を厳しく取り締まっていた。しかし、エンドアの戦い直後にアキヴァで帝国未来議会の会合が開かれたことがきっかけとなり、総督に対するアキヴァ市民の不満が爆発した。アキヴァの反乱の結果、政府は市民の怒りをなだめて自分たちの身を守るには、惑星の支配権の一部を新共和国に委ねるしか方法はないと判断した。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。