FANDOM


類似した名称の記事はミラを参照

ミラ・ブリッジャー(Mira Bridger)は惑星ロザル出身の人間女性。夫のエフライムとの間にエズラという名の息子がいた。ミラとエフライムは銀河帝国に反対する活動を行っていたが、帝国軍ストームトルーパーに捕えられた。

経歴

人間女性、ミラ・ブリッジャーはアウター・リム・テリトリー惑星ロザルに生まれた。彼女はエフライムと結婚し、銀河帝国建国日(ロザルので3258年)に息子エズラを生んだ。ブリッジャー夫妻はローディアンシーボと親しかった。ブリッジャー夫妻は反帝国主義者で、自宅の地下室から帝国に反対する放送を流していた。しかし帝国の力を恐れていたシーボは、家族の安全を考えるなら活動を止めるべきだと訴えていた。

エズラが7歳の時、ミラとエフライム・ブリッジャーは帝国軍ストームトルーパーに捕えられた。その後、エズラは両親が突然失踪した理由を知らないままひとりで生きていくことになった。また、シーボはブリッジャー夫妻が逮捕された現場を目撃しながら何もできなかったことを悔やみ、ふたりがその後どうなったのかを突き止めるため帝国情報センターに潜り込んだ。

息子の命がけの反乱への協力を呼びかける放送を刑務所内で聞き、脱走を計画する。偶然にもその日はガレルへ帝国艦隊が赴く前日で警備は薄く、ライダーはじめ多数の囚人は脱獄できたものの、残っている囚人を手助けしたがために夫婦もろとも殺された。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。