Fandom


類似した名称の記事はミラを参照

ミラ(Mira)はイリドニアンザブラク女性で、元ジェダイ・マスターイース・コスの妻である。

経歴

Mira and a female Inquisitor

尋問官に見つかったミラ

帝国時代の初期、ミラは父親や夫のイース・コスとともに砂漠の惑星に住んでいた。当時コスはジェダイとしての生き方を捨て、ガンシック啓蒙教会司祭をしていたが、銀河帝国に追われる身だった。ミラが娘を出産した直後、コスはシス卿ダース・ヴェイダー尋問官たちに見つかってしまった。コスはミラに生まれたばかりの赤ん坊を連れて逃げるよう指示し、時間稼ぎのためヴェイダーにライトセーバー対決を挑んだ。ミラは父親のシャトルで街から逃げようとしたが、船に乗り込む直前で女性尋問官に見つかってしまった。ミラが赤ん坊を見逃して欲しいと“女同士のお願い”をすると、尋問官は願いを聞き入れたふりをし、ミラがシャトルに乗り込むのを許した。しかしシャトルが離陸した直後、尋問官はフォースを使って赤ん坊をミラの腕から奪い取った。悲しみに暮れるミラに対し、父親は尋問官が赤ん坊を殺さず生け捕りにしたことを指摘し、いつの日かまた会える可能性はあると慰めた。一方、コスはヴェイダーとの対決に敗れて命を落とし、赤ん坊は“ハーヴェスター計画”のためにコルサントへ連れて行かれた。[1]

個性と特徴

ミラはイリドニアンザブラク女性で、薄茶を持ち、肌は薄褐色で、顔に金色の模様が入っていた。彼女は家族のことを深く気にかけ、娘を見逃して欲しいと尋問官に懇願し、夫を置いて逃げることにためらいを見せた。[1]

制作の舞台裏

ミラは2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 ベイダーの城』(チャールズ・ソウル画、ジュゼッペ・カムンコリ画)に登場するキャラクターである。[1]

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。