Fandom


類似した名称の記事はミラを参照

ミラ(Myrra)はアウター・リム・テリトリー惑星アキヴァ首都。“ミラの総督”によって統治された。ミラの地下には、アキヴァが独立星系連合のメンバーだった頃に使用されていたドロイド工場の廃墟があった。ドロイド工場は地下墓地のネットワークに築かれており、呪われた場所として知られていたが、実際にはウーティーン族の住処として再利用されていた。帝国時代サラスタン犯罪王スラット・ニュアトがミラの裏社会を牛耳っていた。[1]

エンドアの戦いの直後、ミラにある総督の宮殿帝国未来議会のサミットが行われた。しかし新共和国のメンバーや賞金稼ぎがサミットを妨害し、ミラの市民の暴動が始まった。アキヴァの反乱の結果、総督による惑星統治に終止符が打たれ、惑星は新共和国のメンバーとなった。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。