「私たちは素朴で、人を疑わない。だから騙されたの」
―トライラ[出典]

ミング・ポ(Ming Po)はアウター・リム・テリトリー惑星カーラックに住んでいた人間の部族。雪の中ので素朴な生活を送っていた。

社会と文化

ミング・ポは惑星カーラックに築いた村で素朴な暮らしを送った。族長を除くミング・ポのたちは側頭部の髪の毛を剃り上げ、残った髪を後頭部で束ねていた。族長は髪をすべて伸ばし、頭の両側でまとめていた。彼らは平和的で人を信じやすい性格だった。

歴史

クローン戦争中、プレ・ヴィズラ率いるデス・ウォッチマンダロリアン戦士がカーラックに野営地を築き、近くにあるミング・ポの村から女や食べ物を奪った。ラックス・ボンテリ元老院議員と正体を隠したジェダイパダワンアソーカ・タノが野営地にやって来た時、デス・ウォッチの横暴に耐えかねたパイター族長がヴィズラのもとを訪ね、女を返してカーラックから立ち去って欲しいと訴えた。翌日、ヴィズラは戦士を率いて村に押しかけ、族長の目の前で孫娘のトライラを殺した。タノの抵抗もむなしく、パイターの村はマンダロリアン戦士の火炎放射器で焼き払われてしまった。

クローン戦争中、衛星ザードッサ・スティックスにミング・ポの調教師が住んでいた。メイス・ウィンドゥジャー・ジャー・ビンクスフランゴール・カルトからジュリア女王を救うためザードッサ・スティックスにやって来た時、2頭のガンダークを飼うミング・ポの調教師が2人の前に立ちはだかった。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。