Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

クローン戦争の時代、ムーガンゴウタル種族からなる密輸組織惑星ムーガを中心に密輸活動を展開していた。この組織はティー・ヴァによって率いられ、シケルシュ級貨物ガンシップを使って密輸品を運んだ。

歴史

クローン戦争中の21 BBYムーガの密輸組織は中立惑星マンダロアドーム都市サンダーリアーディース・ビバレッジティーを密輸した。物資不足に悩んでいたマンダロアは、アルメク首相の手引きで密かに闇市場の違法取り引きを受け入れていたのである。密輸組織は利益を倍に増やすためスレイビンを使って飲み物を薄めたが、そのせいで毒性が生じ、サンダーリの大勢の子どもが中毒症状に陥った。事件の原因を調査したサティーン・クライズ女公爵パドメ・アミダラ元老院議員は闇市場の実態を知り、サンダーリの港湾倉庫で密輸組織を取り押さえた。組織のメンバーの一部は抵抗したため殺され、ヴァを含む生存者数名はマンダロリアン・ガードに逮捕された。[1]

20 BBY当時、ティー・ヴァは自由の身になっていた。[3] 19 BBY頃には密輸組織の活動も再開されており、ヴァたちはシャドウ・コレクティヴ支配下のマンダロアへ戻った。[2]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。