FANDOM


WELCOME TO WOOKIEEPEDIA

本サイトはスター・ウォーズの非公式オンライン百科事典サイトです。映画をはじめ、TVシリーズや小説、コミック等さまざまな媒体で展開されている公式情報のデータベース化を目的としています。
閲覧の際にはネタバレにご注意ください。


Random Article

PalpatineSWE

最高議長(Supreme Chancellor/High Chancellor)は銀河共和国の統治機構である銀河元老院の指導者。稀に国家元首(Chief of state)とも呼ばれる。銀河系各地の星々の代表者として元老院に参加している議員の中から、多数決の選挙で選び出された。共和国時代の末期、最高議長のオフィスは共和国の首都惑星であるコルサント元老院地区元老院オフィス・ビルに設置されていた。

シーヴ・パルパティーンが最高議長になる以前は、議長の任期は4標準年で、2期までしかオフィスに留まれない決まりになっていた。しかし分離主義危機に対する不安感が世論を後押しし、パルパティーンは銀河憲法の改正によって2期目以降も議長のオフィスに居座った。クローン戦争中、パルパティーンは戦時下の非常時大権を行使して権限と影響力をさらに拡大し、最高議長の地位は独裁的なものとなった。戦争の終盤、インターギャラクティック銀行グループの資産の支配権が共和国行政府に譲渡され、パルパティーン議長はより大きな力を手に入れた。議長の権力がジェダイ・オーダーにまで及び始めた頃、ジェダイ最高評議会はパルパティーンの正体がシスの暗黒卿ダース・シディアスであることを突き止めた。クローン戦争自体も、強大な権力を手に入れるためシディアスが画策した陰謀だった。ジェダイは最高議長の逮捕を試みたが、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーの裏切りによって失敗に終わった。

パルパティーン議長はジェダイを反逆者とみなし、オーダー66を発令した。銀河各地の戦場に散らばっていたジェダイ将軍たちは、議長に忠実な共和国グランド・アーミークローン・トルーパーによって抹殺された。ジェダイ・テンプル陥落した後、パルパティーンは特別議会を招集し、共和国を銀河帝国へ再編することを宣言した。これに伴い、共和国最高議長の役職も廃止され、パルパティーンは新国家の銀河皇帝となった。

Characters

TWITTER