Wookieepedia
Advertisement

WELCOME TO WOOKIEEPEDIA

本サイトはスター・ウォーズの非公式オンライン百科事典サイトです。映画をはじめ、TVシリーズや小説、コミック等さまざまな媒体で展開されている公式情報のデータベース化を目的としています。
閲覧の際にはネタバレにご注意ください。


Random Article

Krysguld Dartis.png
サヴァリアン(Savarian)は惑星サヴァリーン故郷と呼ぶ人間の文化集団である。彼らはサヴァリーンに点在する村々に住む、極めてスピリチュアルな民族だった。惑星外の人々は、銀河共和国が暗黒期に作ったは良いがやがて失われてしまった植民地の成れの果てが、サヴァリーンの村なのではないかと考えていた。サヴァリアンの人々は深遠な神話を持ち、祖先への繋がりをに求める文化があった。彼らはクリムゾン・ドーンパイク・シンジケートの襲撃で失った同胞たちのために、海岸にソウルティースと呼ばれる追悼の碑を作った。また一部のサヴァリアンは、シンジケートの襲撃で荒廃したビス精製所に住み着き、ナコティック・コーストを形成した。

その後もクリムゾン・ドーンによるサヴァリアンの搾取は続き、あるときナコティック・コーストの住民はギャングへの抵抗を試みた。その結果彼らは報復に遭い、子どもを問わずを切り落とされてしまった。10 BBYトバイアス・ベケットギャング団がクリムゾン・ドーンに差し出す予定のコアクシウムを精製するため、ナコティック・コーストにやってきた。クラウド=ライダーズの指導者であるエンフィス・ネストはかつてサヴァリアンが見舞われた悲劇を物語り、コアクシウムを犯罪組織との戦いのために譲って欲しいと訴えた。ベケットは協力を拒否したが、彼の仲間であるハン・ソロチューバッカがエンフィスに力を貸し、コアクシウムはクラウド=ライダーズの手に渡ることとなった。

Characters

TWITTER

Advertisement