「よし、最後のジャンプだ。人生最後のジャンプになるかもな!」
―ポー・ダメロン[出典]

メガファウナ・キャズム(Megafauna Chasm)はタイフォニック星雲の地名である。[1] 巨大なクリーチャーが棲息していた。[2]

歴史

35 ABYレジスタンスパイロットポー・ダメロン操縦するYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>は、ファースト・オーダーの追っ手から逃れるためアイヴェクシアミラー=スパイアからタイフォニック星雲のメガファウナ・キャズムへハイパースペース・スキップした。[1] <ファルコン>は目の前に現れた巨大クリーチャーに飲み込まれる前に再びハイパースペースに飛び込み、追っ手のTIE/fo制宙戦闘機はクリーチャーと激突した。[2]

制作の舞台裏

メガファウナ・キャズムは2019年公開のシークエル・トリロジー映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初登場を果たした。[2] メガファウナ・キャズムという名称は設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』(パブロ・ヒダルゴ著)で判明した。同書の翻訳版では「メガファウナ・キャズムやタイフォニック星雲」と表記されている箇所があるが、これは「タイフォニック星雲のメガファウナ・キャズム」の誤りである。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。