Fandom


「煙の儀式と巡礼の旅で、フォースに触れることはできないよ。せいぜい、頭や心が研ぎ澄まされるだけさ」
―メゴーン[出典]

メゴーン(Meggone)は0 BBY当時衛星ジェダに住んでいた女性である。彼女はフォースを信奉する宗教の信徒で、ジェダ・シティを離れた山間の小さな神殿で暮らしていた。彼女は信仰の一環として煙の儀式や巡礼を行ったが、こうした儀式ではフォースに触れることはできないと考えており、宗教的に異端とされる行為(儀式の前に朝食を取るなど)も平気で行っていた。彼女は銀河帝国デス・スターがジェダ・シティを破壊した際に93歳で命を落とした。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。