Wookieepedia
Advertisement

「そりゃ、あのメレゼイン・ゴールドを飲んでいる馬鹿だろう?」
「メレゼイン・ゴールドを飲める金持ちか?」
「よほど旨いのか、なぁ?」
ハン・ソロタコダナ城の訪問客[出典]

メレゼイン・ゴールド(Merenzane Gold)は人間を始めとするさまざまな種族が愛飲した琥珀アルコール飲料である。コルサントアウトランダー・クラブや、タトゥイーンにあるチャルマンの宇宙港カンティーナタコダナにあるマズ・カナタの酒場で提供されていた。

特徴

メレゼイン・ゴールドは琥珀[1] アルコール飲料で、デフェルデヴァロニアンパシスヒップ[2]人間などさまざまな種族に飲用されていた。[3] またメレゼイン・ゴールドはザブラク発酵飲料と混ぜ、ラクリーミードヴァポレーター・マッシュルームで味付けすればカサンドラ・サンライズの材料となった。[4]

歴史

22 BBY当時、惑星コルサントアウトランダー・クラブでは、他の様々な飲み物とともにメレゼイン・ゴールドが提供されていた。メレゼイン・ゴールドは背の高いチューブ状の容器に入れられ、店の中央のカウンターの奥に置かれていた。[1]

0 BBY当時、惑星タトゥイーンモス・アイズリーにあるチャルマンの宇宙港カンティーナでもメレゼイン・ゴールドが提供されていた。オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーがこのカンティーナでハン・ソロチューバッカと出会った日、パシスヒップデヴァロニアン、年老いたデフェルがメレゼイン・ゴールドを飲みながら店内のブースで話し合っていた。[2]

5 ABY銀河帝国からの離反者であるラルシウス・パルドラは惑星タコダナにあるマズ・カナタでメレゼイン・ゴールドを飲んだ。パルドラに会うためタコダナにやってきたハン・ソロは、パルドラがメレゼイン・ゴールドを飲んでいることを城の訪問客のひとりから聞き出した。[3]

制作の舞台裏

メレゼイン・ゴールドの初出は1995年発売のスター・ウォーズ レジェンズの短編小説『Empire Blues: The Devaronian's Tale』である。[5] 正史作品では2016年発売の設定資料集『スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ』で初めて紹介された。[2] 2019年、『スター・ウォーズ:イウォークに食べられない方法、銀河サバイバル・スキル』で紹介された後付け設定により、2002年の映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』にメレゼイン・ゴールドが登場していたことになった。[1]

登場作品

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement