Fandom


「モアシーリアンはメタン呼吸だからな」
ハズ・オビット[出典]

モアシーリアン(Morseerian)は惑星マージ出身の4本腕の知覚種族である。彼らの母星大気メタンがベースになっていたため、他の惑星では呼吸マスクを身につける必要があった。ヤヴィンの戦いの直前、ネイブラン・リーズという名前の男性のモアシーリアンが惑星タトゥイーンにあるモス・アイズリーカンティーナを訪れていた。

銀河系におけるモアシーリアン

帝国時代、一部のモアシーリアンは海賊として活動した。WDDアドミンメクドロイドDD-BDはかつてモアシーリアンの海賊船で熱心に働いていたが、不運もこの船は帝国による摘発に遭ってしまった。モアシーリアンの手を離れたDD-BDはオークションにかけられ、パイク・シンジケートの所有物となった。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。