Fandom


モモー・ネイドン(Momaw Nadon)はハンマーヘッド(Hammerhead)という別名でも知られた惑星アイソア出身の男性アイソリアンで、共和国再建のための同盟のシンパである。彼は故郷を破壊から救うためやむを得ずアイソアの農業技術の秘密を銀河帝国に漏らしたが、そのせいで祖国から追放されることになってしまった。0 BBY当時、ネイドンは砂漠の惑星タトゥイーンに滞在し、ルーク・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービハン・ソロチューバッカと出会った日にモス・アイズリーカンティーナに居合わせた。

経歴

CobbTrintoMomaw-DB

左からコブ・ソンベポールトリント・デュアバ、ネイドン

アイソリアン男性、モモー・ネイドンは[1] ミッド・リムに属す[4] 惑星アイソアに生まれた。帝国時代、ネイドンは母星を破壊から救うため、仕方なくアイソアの農業技術の秘密を銀河帝国にばらしたが、そのせいで祖国から追放されてしまった。やがて彼はアウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンに流れ着き、モス・アイズリー宇宙港の南にあるのなかでひっそりと畑を耕しながら、帝国と戦う共和国再建のための同盟のメンバーをそこにかくまっていた。[1] ヤヴィンの戦い直前の0 BBY[5]ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ水分農夫ルーク・スカイウォーカーがモス・アイズリーにあるチャルマンのカンティーナを訪れた日、ネイドンも店内に居合わせた。[3] この時、ネイドンはステネス・シフタートリント・デュアバ[6]ゴウタルコブ・ソンベポール[7] らと同じブースで飲み物を飲み、このままタトゥイーンに根を下ろすべきかどうかデュアバに相談していた。[6] この日ネイドンと酒場の客たちは、オビ=ワンがライトセーバーを使って犯罪者のドクターコーネリアス・エヴァザンポンダ・バーバを撃退するのを目撃した。[3]

個性と特徴

モモー・ネイドンはアイソリアン種族の男性で[1]と肌のは茶色[3]、身長は1.95メートルだった。[2] 他のあらゆるアイソリアンと同じく、ネイドンも通訳機がなければベーシックを話すことができなかった。[8]

制作の舞台裏

モモー・ネイドンは1997年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場するキャラクターである。公開当時は名前がなく、ケナー社からアクション・フィギュアが発売された際に「ハンマーヘッド」と名付けられた。その後、1989年発売のスター・ウォーズ レジェンズの設定資料集『Galaxy Guide 1: A New Hope』でモモー・ネイドンという名前と背景設定が与えられた。正史設定の資料では、2015年発売の『アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』で初めて紹介された。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。