Fandom


モラド・スマール(Morad Sumar)は人間男性で、銀河帝国時代を生きた農民、反乱者である。惑星ロザルの街コザル出身のスマールは、反乱運動に関わる以前、妻のマリダとともに農場を運営していた。また彼はコザル市場に店を出して商売もしていた。5 BBY、スマールの農場は鉱脈の近くに位置していたため、帝国から土地を売るよう求められた。スマールが要求を拒否すると、ヨガー・リステ補給官は農場を破壊し、夫妻を逮捕して帝国軍兵員輸送機で連行した。しかし、スマールの旧友であるエフライムミラ・ブリッジャー夫妻の息子である反乱者エズラ・ブリッジャーと、ラサン儀仗兵ガラゼブ・オレリオスが帝国軍に奇襲を仕掛け、スマール夫妻を解放した。

のちにスマール夫妻はライダー・アザディ総督率いるロザル抵抗勢力のメンバーとなった。彼は帝国軍兵器工場施設で破壊工作を行うアイデアを思いつき、自ら614-AvAスピーダー・バイクの製造ラインに工員として潜入した。2 BBY、帝国が新兵器を作っているという情報を聞きつけたエズラとケイナン・ジャラスがロザルに戻り、ライダーの反乱分子と合流した。スマールは2人が情報収集のため工場に潜入するのを手伝ったが、ロザルの工場の製品に事故が多いことを不審に思ったスローン大提督が工場に現れ、聞き取り調査を開始した。スローンはスマールを名指しし、自分で組み立てたスピーダー・バイクの加速テストを行うよう命令した。スマールはエンジンが加熱したバイクから降りることを許されず、自分が行った破壊工作によって爆することになった。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。