Fandom


モロフ(Moroff)はギゴーラン男性で、銀河内戦期に活動した傭兵である。帝国時代、モロフは自分の腕力や火力を必要とする者たちと取り引きするため、戦場を探し求めた。彼は重火器を扱う砲手は金になるだろうと考えていたのである。0 BBY当時、彼はパルチザンの一員として活動していた。

経歴

Moroff Databank

モロフ

ギゴーラン男性、モロフは初期反乱運動の時代に傭兵として活動していた。彼は自分を雇ってくれる者を探して銀河系を旅し[1]0 BBY当時はソウ・ゲレラ率いる過激反乱分子パルチザンの一員として衛星ジェダで活動していた。銀河帝国貨物パイロットボーディー・ルックがソウ・ゲレラとの接触を求めてきた際、モロフはボーディーをゲレラのもとへ連れて行くパトロール部隊に加わった。その後、モロフはジェダ・シティで行われた帝国軍パトロール部隊への攻撃にも参加した。パルチザンはこの攻撃で帝国のコンバット・アサルト・タンクを破壊し、運搬中のカイバー・クリスタルを奪取することに成功した。それから間もなく、ジェダ・シティはデス・スタースーパーレーザー砲で破壊され、カデラ地下墓地にあるパルチザンの拠点も衝撃波に飲み込まれた。[3]

個性と特徴

モロフはギゴーラン種族の男性で、黒いを持ち、体は白いに覆われていた。[1] モロフは気難しい性格で、命令には嫌々従っていたが、彼のぶっきらぼうな返事は通訳用のボコーダーによって丁寧で快活な言葉に変換されて発せられていた。[4] モロフは力持ちの重砲手は傭兵として金になると考えており、反乱軍と帝国軍が繰り広げている戦いに個人的な思い入れは抱いていなかった。[1]

装備

パルチザンの一員として活動していた頃、モロフはに通訳用の声変換ボックスをつけ、背中に大量の荷物を背負っていた。[4] また彼はヴァルクTAU-6-23“ブラストミル”回転式ブラスター砲で武装していた。[1]

制作の舞台裏

Senna Rogue One

モロフの原型となったセナのコンセプト・アートのひとつ

モロフは2016年12月16日公開のアンソロジー映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。モロフを演じたのは、ウェールズ出身の俳優・スタントマン、イーアン・ワイトである。

モロフは『ローグ・ワン』初期脚本ではセナ(Senna)という名前だった。セナはルナックドレイ・ネヴィスリア・タラジェリス・ケスタルらとともにローグ・ワンの一員として制作されたが、のちにこの構想は没となった。セナとルナックのコンビは、のちにベイズ・マルバスチアルート・イムウェのコンビに取って代わられた。セナのキャラクター・デザインは巨体で爬虫類のような外見や、エルフのような外見、オオカミのような外見など数通り作成され、最終的にモロフと改名されて現在のギゴーランの姿となったが、劇中での役割は当初の構想よりも小さくなった。[5] セナやモロフのデザインは、『ローグ・ワン』のコンセプト・アーティストであるクリスチャン・アルズマンカール・リンドバーグらが手がけた。[6]

映画公開前にリリースされた一部の公式動画では、モロフがスカリフのセットにいる撮影風景が映っているが、完成版の映画ではモロフがスカリフの戦いに参加している描写はない。[7]

また2018年公開のアンソロジー映画第2弾『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』にはモロフの初期台本時の名称である“セナ”という名のギゴーランのキャラクターが登場する。[8]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。