シャアク・ティのモントラル

モントラル(Montral)はトグルータケッスリアンなどの種族の頭部から生えていた感覚器官である。トグルータのモントラルは円錐形の角のような形をしており、ケッスリアンのモントラルは頭の側面から突き出た突起物のような形状だった。

トグルータ

トグルータ種族のモントラルは、頭部から生えている中空の円錐形の角(ホーン)である。彼らのモントラルは周囲の物体の動きを感知する感覚器官の役割を果たしていた。[1] トグルータのモントラルは音の動きで対象の位置を感知するエコロケーションが可能であり、その範囲は25メートル(82フィート)に及んだ。[2] トグルータのモントラルは年齢とともに高く成長し、青年期は頭のこぶ程度の大きさだが、大人になると頭部から高くそびえる大きさになった。[3] 男性のトグルータは、しばしば女性よりも大きく角ばったモントラルを持っていた。トグルータのグパット・ロシュティ総督が統治していた惑星キロスコロニーには、モントラルのような形をした建物が並んでいた。[4]

ケッスリアン

ケッスリアンの場合、モントラルは顔の両側の大きなの上から突き出した突起物のような器官だった。彼らのモントラルは空間認識力を高める役割を果たした。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。