Fandom


類似した名称の記事はモン・カラマリの戦いを参照
「終わりではないぞ。モン・カラは再び立ち上がる。必ず」
リー=チャー[出典]

モン・カラの占領(Occupation of Mon Cala)は18 BBY惑星モン・カラで発生した一連の事件、戦闘である。当時モン・カラ王国国王であるリー=チャーは、オーダー66を生き延びたジェダイパダワンフェレン・バーの助言に従い、銀河帝国から突きつけられた条約を拒絶していた。リー=チャーは知らなかったが、バーは大規模な反乱運動を銀河系全域に広めるためモン・カラマリの民衆を犠牲にする計画を立てており、皇帝シーヴ・パルパティーンもまた、この海洋惑星を他の星に対する見せしめとして利用するつもりだった。バーによって帝国のテルヴァー大使暗殺された後、帝国軍はモン・カラ全土に対する侵略を開始し、ギアル・アクバーラダス率いる防衛軍と衝突した。

帝国の着陸拠点を奪うため、モン・カラは巨大水生生物を使ってすべての海上都市を自ら破壊し、水中戦に持ち込んだ。モン・カラは侵略部隊の第2波に対して善戦し、アクバーはバーゴン大佐スカイ=ベースを撃破、ラダスはモン・カラ通商艦隊シールドを連結して惑星の南極圏で防衛戦を繰り広げた。一方、フェレン・バーに付き従っていた信奉者たちは、尋問官の追跡を受けてほぼ壊滅した。ヴェイダーがリー=チャー王を捕まえると、インペリアル級スター・デストロイヤーソヴリン>を指揮するモフウィルハフ・ターキン軌道爆撃を開始し、モン・カラの水中都市をターボレーザーで無慈悲にも壊滅させた。バーは目論見が上手くいったことに満足し、ヴェイダーとの対決で命を落とした。

リー=チャーは帝国の捕虜となったが、ラダスはモン・カラ通商艦隊宇宙船を率いて惑星から脱出した。戦いが終わった後、帝国による征服活動が始まったが、クローン戦争の手痛い経験から教訓を得ていた平和的なモン・カラマリたちは既に逃亡の準備を整えていた。帝国による占領をきっかけに大規模な星外脱出が開始され、帝国が都市建築物と見間違えた宇宙航行可能な構造物(シティ=シップ)が次々とハイパースペースへ飛び立った。のちにモン・カラマリは帝国に復讐をするため共和国再建のための同盟に加わり、同盟軍艦隊主力艦を提供した。これらの船はモン・カラ占領時にはほとんど役に立たなかったものの、辺境のテラリス星系にある深宇宙施設で戦闘用に改装された。

背景

王の顧問

大使暗殺

占領

ダック・シティの戦い

モン・カラの抵抗

尋問官の追跡

決着

その後

「モン・カラマリのシティ=シップの来訪は衝撃的な(そしておそらく、占領されたモン・カラに対してわれわれにできることの限界を考えれば不当ともいえる)恩恵で、銀河市民の心をつかむことが何よりも重要であることを痛感させるものだった」
モン・モスマの個人ファイルより[出典]

登場エピソード

参考資料

脚注

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。