Wookieepedia
Advertisement

モン・カラマリアン・ディアスポラ(Mon Calamarian diaspora)は音楽の一種。初期反乱運動の時代、ファニュエルという名のミュージシャンがこのジャンルの新人として活躍しており、マンダロリアンサビーヌ・レンも好んで聞いていた。[1]

制作の舞台裏

モン・カラマリアン・ディアスポラは2015年2月3日に発売された正史のジャーナル・ブック『サビーヌ マイ・レベル・スケッチブック』(ダニエル・ウォーレス著)で初めて紹介された。本作はサビーヌ・レンによって書かれた実際の日誌という体裁の書籍である。

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement