Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

アウター・リム・テリトリーに属す惑星モン・カラは、モン・カラマリ種族国王を務める王国によって統治されていた。

歴史

クローン戦争中、82代目のモン・カラの王であるヨス・コリーナ[2]分離主義勢力の陰謀で暗殺された。クオレン種族はコリーナの息子であるリー=チャー王子は次期指導者にふさわしくないと反発し、分離主義者のリフ・タムソン司令官と手を結んで内戦を起こした。[1] しかしタムソンが惑星モン・カラの支配権掌握を企んでいることが分かると、クオレン孤立主義同盟の指導者ノーソア・ライはモン・カラマリおよび銀河共和国の側へ離反した。分離主義勢力が敗れた後、リー=チャーはモン・カラマリとクオレンの両種族から新指導者として認められ[3]、83代目の国王に就任した。[5]

共和国に代わって銀河帝国誕生した後、リー=チャー王はオーダー66を生き残ったジェダイパダワンフェレン・バーの助言のもと、帝国から突きつけられた条約を拒絶した。これを受け、モフウィルハフ・ターキンは問題を外交的に解決するためテルヴァー大使をモン・カラへ派遣した。一方、ダース・ヴェイダーも3人の尋問官を引き連れてダック・シティを訪れた。国王の警備隊長であるギアル・アクバーはヴェイダーたちを追い返そうとしたが、その時テルヴァーのシャトルが爆破され、大使が命を落とした。帝国軍はこの事件をきっかけに公然とモン・カラの占領を開始した。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。