Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「スローネ提督の策は単純だ。銀河各地で同時攻撃を行い、共和国艦隊をナディリからおびき出す。我々はモン・カラへの攻撃を指示された。我々に大規模戦を行える程の人員はいない。よってお前たちが急襲を行う。移動しつつ複数の攻撃を仕掛けることで敵を混乱させる」
―タイタン中隊に、テリサ・ケリル[出典]

モン・カラ襲撃(Scouring of Mon Cala)は銀河内戦の終盤に惑星モン・カラ軌道で発生した銀河帝国新共和国の戦闘である。レイ・スローネ提督の命令のもと、テリサ・ケリル艦長率いるタイタン中隊インペリアルII級スター・デストロイヤーオーバーシアー>がモン・カラで陽動攻撃を展開した。彼らの真の目的は、スターホーク計画の拠点であるナディリ造船所への攻撃に備えて新共和国防衛艦隊の戦力を引き離すことであり、同様の陽動作戦がオンダロンゴースで同時に実行された。[1]

制作の舞台裏

モン・カラ襲撃は、2020年発売のゲーム『Star Wars:スコードロン』で初めて描かれた。プレイヤーはストーリー・モードの「ミッション9:モン・カラ襲撃」で銀河帝国のパイロットとして本戦闘に参加する。[1]

登場エピソード

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 1.19 1.20 1.21 1.22 1.23 1.24 1.25 1.26 1.27 1.28 1.29 1.30 1.31 1.32 1.33 1.34 1.35 1.36 1.37 1.38 1.39 1.40 1.41 Star Wars:スコードロン
  2. Star Wars:スコードロン』のメイン・ストーリーは、プロローグで描かれたフォスター・ヘイヴンの戦いオルデランの破壊の直後)の4年後である。『スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』によればオルデラン破壊は0 BBYであるため、『スコードロン』のメイン・ストーリーは4 ABY頃ということになる。
銀河内戦
銀河系のタイムライン

前:初期反乱運動 · ジェダイの大粛清 · ジェダの反乱

同時期:パルチザンの反乱 · ライロスの反乱

次:冷戦

銀河内戦の戦い
0 BBY スカリフ · タトゥイーン(I) · マッド・ラッシュ作戦 (ヴァー・アシュファイア)
デス・スター · ヤヴィン
0 ABY タナブ · ヤヴィン4 · オルデラン難民 · シーアコン · ラニク
ローディア · フェックス · デノン · ペイシャー · オメレス
ギジュー · 第3ウサイタ星系 · デヴァロン · ティブリン
サイムーン1 · タトゥイーン(II) · モンスア星雲 · ナー・シャッダ
ヴロガス・ヴァス · コルサント(I) · サンスポット刑務所 · ゴースト・ムーン
ハービンジャー · タリーンVII · スコリ=レイ
1 ABY ミッド・リム撤退戦 (ヘイドラル・プライム · コヤーティ · チョンセッタ星系 · レッドハーン星系)
3 ABY サンダーストライク · ホス (I) · クラウド・シティ (I) (II)
リングブレイカー作戦 (マードナIII · オバムボ · ナジャン=ロヴィ
ナカディア · ナートア · ザゴバ · クリクオ帯) · イニュス・トア
4 ABY イエロー・ムーン作戦 · インヴィンシブル・フェイス · タトゥイーン (III)
フダラ星系 · エンドア (I) · コルサント内戦 (モニュメント・プラザ)
エンドア (II) · カワ・シティ · シンダー作戦 (フォンドア · ヴァードス · ナブー)
タイロン · 鉄の封鎖 (ベスピン) · マラステア · アキヴァ (I) · ナーロル
ジオノーシス · ウイター · セヴァルコス · アキヴァ (II) · ベスピン
5 ABY ヴェタイン · タコダナ · ハイボリアンの月 · ヴォーラグ · ワイルド・スペース
ナグ・ユブデュア (ゴヴネ・リッジ · ビンジャイ=ティン) · アケニス · クワット
キャッシーク · シャンドリラ · チヌーク・ステーション · サラスト
ナブー包囲戦 · ジャクー
関連記事
銀河帝国 · 反乱同盟 · 新共和国 · シス · ジェダイ · ハット・クラン
初代デス・スター · 第2デス・スター · 帝国元老院の解散 · 災厄
アナキン・スカイウォーカーの葬儀 · 解放記念日 · 終末司令 · 帝国=新共和国和平会談 · 銀河協定
  [Source]
他言語版
Advertisement