「彼女の一族はクローン戦争で虐殺された。彼女は生き延び、その怒りをバネに工業を興し、帝国の宇宙艦隊建造に貢献した。彼女は星々を略奪し、その過程ですべてを破壊してきた」
―アソーカ・タノ[出典]

モーガン・エルズベス(Morgan Elsbeth)は人間女性で、新共和国時代に森林惑星コルヴァスの街カロダンを支配していた監督官である。クローン戦争で一族を虐殺された経験を持つエルズベスは、銀河帝国の時代に帝国宇宙軍の建造に貢献した。エルズベスは銀河内戦終結以降もスローン大提督に仕え、カロダンで独自の勢力を率いていた。9 ABY当時、彼女はスローンの居場所を探るアソーカ・タノと対立した。エルズベスはマンダロリアン賞金稼ぎディン・ジャリンにタノの殺害を依頼し、成功報酬として自身が所有する純ベスカー製のスタッフを提示した。ところがジャリンはタノの側につき、カロダンに攻め入った。エルズベスはタノとの対決に破れ、カロダンは彼女の勢力から解放された。[1]

制作の舞台裏

モーガン・エルズベスは2020年11月27日に動画配信サービス Disney+ で配信が始まった実写TVシリーズ『マンダロリアンシーズン2の『チャプター13:ジェダイ』(デイヴ・フィローニ監督)で初登場を果たした。女優はダイアナ・リー・イノサント[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。