Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「で、将軍。ヤガ・マイナーはどんな状態かね?」
「いつもと同じですよ、提督。きわめて静かです」
ギラッド・ペレオン提督とヘスティヴ高位将軍[出典]

ヤガ・マイナー[1](Yaga Minor)はアウター・リム・テリトリープレフスベルト宙域ヤガ星系に存在した惑星である。昆虫種族ヤガイホームワールド。大規模なスターシップ製造工場が存在することで知られた。銀河共和国の時代、ヤガ・マイナーはアウトバウンド・フライト計画の出発地となった。また、銀河帝国が崩壊した後もインペリアル・レムナントの重要拠点として帝国領に留まり、高度に要塞化されていた。

制作の舞台裏

ハンド・オブ・スローン2部作では、ヤガ・マイナーというカタカナ表記とともに、ヤガ小星団という表記も使用されている。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。