Fandom


ヤズム(Yuzzum)はアウター・リム・テリトリーエンドア出身の知覚種族。丸い体と細長い手足、大きな口が特徴的だった。帝国時代ジョー・ヤウザという名のヤズムがマックス・レボ・バンドで歌手を務めていた。

生態と特徴

ヤズムは丸い胴体を毛に覆われた2足歩行の知覚種族である。エンドアの草原での生活に適した細長い手足が伸びていた。腕と比較して手の平は大きく、指は4本あった。顔は胴体の上部にあり、ふたつの目と、不揃いな歯が並ぶ大きな口を持っていた。

社会と文化

ヤズムは物事を知的に考えることができる知覚種族だった。彼らはそれぞれに名前を持ち、会話能力があった。ヤズムは「夢見る放浪者」と描写されることがあった。彼らは平原に住み、ルガーと呼ばれる食用の齧歯類動物の狩りを楽しんだ。また、彼らはラカザック・ビーストを乗りこなし、狩りに役立てた。

銀河系におけるヤズム

銀河内戦の時代、ジョー・ヤウザという名のヤズムがプロの歌手としてキャリアを築いていた。彼はしばしばマックス・レボ・バンドと共に音楽活動を行った。エンドアの戦い以前、ヤズムのウォム・ラフバはエンドアを訪れた宇宙船を乗っ取り、故郷を離れて惑星タトゥイーンにたどり着いた。その後、彼はジャバ・ザ・ハット宮殿で害虫駆除者として働いた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。